可愛い僕、かっこいい彼

空き時間、和、真也

次の、空き時間

"ぎゅっ"

光はかけ出そうとした
夢芽を捕まえた、

ひ「どこいくんや!」

夢芽「えーとぉ、、トイレ。」

ひ「へー。トイレなぁ、
  俺も付いてったる。!!」

夢芽「いいわよー、
   一人で。」

早く離してよ。って感じの夢芽。

ひ「俺も行きたかってん。
  一緒、い、こ、う、な!!!」

あからさまに、怒る光に
逆らえず、行きたくもないトイレに
行く事になった夢芽。


その頃
つおしは
ちゃんと、ひかるの教室に来た


"ひょこ"


つ「ひかる、おる?」


和「ひかるはトイレやねん。」


つ「そーなん、?
  やったら、クラス帰るな。
  ひかるにちゃんと、来た事
  伝えといてな。」


帰ろうと。するつおし。


和と真也は何とか引き留めようと。


和「お前、○○摩季、好きやねんて。」

つ「うん。
  "○○○だけ、見つめてる"
  よく聞くねん。」

真也「俺も好きやねん。」

全くの嘘、正直名前しか、
しらない。

和「俺、ファンクラブ
  入っとるから、チケットとれたら
  一緒行ってくれるか?」
 
こちらも、大嘘。

つ「うん、ええよ♪
  なんなら、聞く、? 
  携帯に入っとんねん。」

何?つおしと、短いイヤホンで
接近できるチャンスや。

和、真也

「きく!!!」

つ「困ったなぁ、二人しか、
  聞かれへんねん。
  やったら、二人できいてー、」

和「えー。それは、ちゃうやろ
  お前と、ほほ、よせあって。
  音楽聴くんか?
  ありえへん。気持ち悪いわ。」

真也「俺の台詞やで、
   つおしとや、無かったら
   聴かんでえー。」

つ「そんな事言わんで、仲良くしよ♪」

"にこっ"♪微笑むつおし、

和、真也
「かわい♪」

つ「やったら、あんま、時間ないから
  少しづつ、ぼくと、一緒にきこ♪
  それでええ?」

和、真也
「うん♪」

で、
最初は和とつおし

つ「はい、和くん♪」

片方の、イヤホンを渡す
つおし。
近い、かなり、近い。

とりあえず、2人で携帯見ながら
音楽をきいた。

和「なぁ、つおし?」

つ「うん?」

質問する、和につおしは
和を向く。
近い、触れたらつきそなくらい。

で、

つおしの肩を掴んだ
和は、つおしを自分に近づけ。

"ちゅ♪"

つ「あっ。|||||@@|||||
  かず、くん?…」

いきなりで、驚くつおし

和「あまり、近いから、唇ついちゃたなぁ、」

つ「ん、もう、
  和くん、すぐ、えっち♪」

和、真也
「|||||@@||||」

真也「早よ!変われ、
   時間なくなるやろ、」

と、真也は和の脇腹をつねる。

和「いた!」

つ「?」

和からイヤホンを奪いとる
真也は、

真也「あっ、からまっちまった、」

完全にワザとである

真也「なおしたるな。」

と、つおしのほほを両手で、挟むと、
自分に近づけ

"ちゅ♪"

つ「|||||@@||||」

真也「あっ、不可抗力や!」

つ「もう。和くんも、真也くんも、
  えっち♪なんやから、.、。
  ぼく、もう、かえるなあー、」

と、教室に戻って行くつおし、

「おまえらーーーー!!!」

そこには、鬼の形相で立つ光、

ひ「なにが、ついちゃった♪やねん
  なにが、不可抗力。やねん!!
  夢芽捕まえとったら
  次はお前らか、」

和「なんで、知ってんねん。」

光は、ちっちゃい黒いものを
指差す

ひ「隠しカメラや!!」

和、真也.
「☆☆☆!!!」

ひ「いちお、念のためと、
  ここにも付けたんやけど…-な!!」

和「みてたー、?」

ひ「トイレで見とったわ。ばかたれ!!」

和、真也
「すいませ、ん。」

項垂れる2人やった。












  

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 479ページ
このページを編集する