可愛い僕、かっこいい彼

他愛ない話

テレビ電話を終えた
つおし達

由美「なんか、大掛かりな事に
   なっちゃったわ。」

つ「ごめんなさい。」

由美「いいのよ。なんか
   楽しそうじゃない。」

ひ「そうだぜ。つおしは、自分磨いとけ。」

つ「はい。」

ひ「俺の為にな。」

つ「ひかるの?」

ひ「せや、
  歌、楽器、
  いろんな面で、俺をずっと
  ひきつけとってや。」

つ「うん。」

ひ「あと、あまり、かわいく
  なっちゃあかんで、」

つ「どして?」

ひ「まぁ、他の奴に、狙われたくないんと、
  一日、一回じゃ、
  我慢きかんくなるやん。」

つ「なんの、我慢なん?」

ひ「そりゃ、もちろん。
  s○xやろ。」

つ「||||||@@||||||」

ひ「一緒に、住んだら、
  それくらいは、覚悟してもらわんと。」

つ「||||||@@|||||」

ひ「お前が、s○xしたい
  言いださんように、毎日
  してやるからな。♪」

つ「||||||@@|||||」



"パン、パン"

由美が手を叩く。

由美「はい、はい。
   いちゃいちゃは、それくらいにして、
   毎日、パコパコ。するのは
   分かったから。」

つ「||||||@@|||||」

由美「とりあえず、旅行いつ行くの?」

ひ「そやな。
  今度の、3連休で行くか
   1泊2日やから、土曜日にでも、
  すぐでて。日曜日帰ろ。
  最後の1日は、休まんと。」

つ「ぼく。体力あるから、
  平気やで、」

ひ「お前も、けつの穴休めんと
  あかんやろ。
  10回くらいは、いくぜ。!」

つ「||||||@@|||||」
   ひかるぅ」

由美「ちょっと、ちょっと
   あんまり、リアルな表現
   避けてくれる。
   私までやりたくなるでしょ。」

ひ「旦那と、すればええーやん。」

由美「違うわよ。つおし君が
   けつの穴に、入れられてるの
   想像しちゃうの。」

つ「||||||@@|||||」

ひ「由美さんも、大分露骨やと
  思うけど。
  それに、女じゃ、つおしのけつ
  に入れらんないやろ。」

由美「馬鹿ね。いいおもちゃ、沢山
   あるわよ。
   鳴かせてみたいわぁ。」

つ「|||||@@||||
  ゆみ、さん。」

由美「あら、ごめんなさい
   失礼。」

ひ「つおし、冗談やて、真に受けんな。」

由美「あらぁ。少しは
   本気よ。」

ひ「なんやて、それは許さん。」


と、他愛ない、会話をし
迫りくる現実へと、備えた。









  
 
  

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 502ページ
このページを編集する