可愛い僕、かっこいい彼

キレた。つお。

つ「おはよーございます。」

ひ「おはようございます。」

つ「あれ?皆は、?」

由美「朝早く送って行ったわ。」

つ「ゆみさん、いつ寝てるん?」

由美「あんまり、寝てないけど
   なれてるわ。」

ひ「すげぇ」

つ「あんまり。無理しちゃうと
  倒れちゃいますよ。」

由美「つおし君優しいのね、
   早く楽できるよう。頑張って。」

つ「はい。」

由美「ひかるは、機嫌なおった?」

ひ「あんまり。」

由美「めんどくさい子ね。」

ひ「失礼やろ。」

由美「だってそー、じゃない。
   つおし君は切り替えてるのに。」

ひ「それは、すいませんねー。」

由美「子供じゃないのよ。
   いい加減になさい。」

ひ「はぁい。」

由美「早くご飯食べなさい
   学校送ってくわ。」

つおし、光
「はぁ〜い。」

二人は、ご飯を食べて
由美に、車で、送ってもらう。

その車内でも、
光はぐちぐち。

ひ「そもそもや。つおしが、
  えっちなんか、するから、あかんねん。」

つ「………。」

ひ「やから、調子にのんねん。」

つ「………。」

ひ「つおしが、頭悪すぎんねん。」

流石に堪忍袋の緒がきれた。

つ「あーー。もう。
  いちいち、ぐちぐち、
  女みたいや!」

ひ「やて。」

つ「いつまで、根に持ってんねん。
  そんな、ひかる嫌いや!」

ひ「うっ。」

つ「そんなん、ぼく悪いん?
  ぼくちゃんと、編集して、送ったやん。
  ひかるも、いいっていったやん!」

ひ「やけど。」

つ「やけど、やないねん。
  黙って聞いてれば、くどいわ。
  ぐちぐち、ぐちぐち、女か!![

由美「珍しい、つおし君が、
   怒ってる。」

つ「やて、ひかるが、
  ぐちぐち、しつこいねんもん。」

由美「まぁ、そーよね。、」

つ「それにやでー、
  昨日やって、ひかるの機嫌なおしたくて
  ぼくから、えっち誘ったりしたんに、
  背中向けて拗ねてんねん。
  せっかくの、お泊まりなんに、」

ひ「ごめん、」

つ「分かるよ、
  ひかるの気持ち分かるけど、
  終わった事は、
  切り替えなー、しゃーないやん、」

ひ「はい、その通りです。」

つ「いややったら、春夢君とこ
  のりこんで、消してもらいに行く?
  出来ひんやろ!!」

ひ「はい。」

由美「どっちが、年上なんだか。」








  

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 483ページ
このページを編集する