可愛い僕、かっこいい彼

もしもし春夢?

その日夜

つおし宅にて、

つ「もしもし、春夢くん?」

春夢「よー。つお、
   お前から、電話くれたのは
   あの件だろ。」

つ「うん。」

春夢「気になるか?やっぱり?」

つ「うん。そやね。」

春夢「俺ひとりで、楽しむんなら、
   よくねーか?」

つ「やけど、皆の前で、それゆーたら
  あかんよ。
  せめて、嘘でも消すゆーてくれんと。」

春夢「なんで。」

つ「やて、やっぱ皆気にするやん。
  ぼく、春夢君の事信用しとるし、
  悪用せんのも、分かってるけど、」

春夢「ひかるか?」

つ「うん。」

春夢「やっぱり、奴は子供だな。」

つ「やけど、ぼくかて、
  好きな人の、あんな姿
  違う人が、もってたらいやや。」

春夢「ひかるの、全裸
   別の人が、持ってたらいやか?」

つ「うん。ぼくん場合は、
  ひかるが、別の人と、えっち
  してるん、とかなら嫌かな。」

春夢「全裸はいいのか?」

つ「うん。そんな、抵抗はないけど、
  ぼくみたいん、カッコはいやかも。」

春夢「そっかぁ、なら、消してやる
   って、言いたいけど
   嘘はつきたくないから、 
   消さない。」

つ「春夢くん。」

春夢「お前は、俺の事嫌いか?」

つ「ううん。好きやよ。」

春夢「どのくらい。」

つ「うーんとね。ひかる、おらへん
  かったら、春夢君とこ行くくらい。」

春夢「ひかるの、何が、いいんだ。」

つ「なんやろ。分からへんけど、
  全身で、ぼくん事愛してるんが、
  伝わんねん。
  心地ええねん。」

春夢「ふ〜ん。
   それしか、脳がない奴
   だからな。」

つ「春夢君は、ぼくの、何が好きなん?
  ぼく、分からへん。
  春夢君みたく、イケメンやし、
  頭ええし、お金持ちやし、
  10万と、彼女おるよな人が、
  なんで、ぼくん事好きなん?」

春夢「そうゆうのはさー。
   理屈じゃ、ないだろ。
   方程式で解ける愛なんて
   愛じゃないと、思うぜ。」

つ「ぼくなー。ほんま、ひかる
  おらへんかったら、
  春夢君に、飛びついとると、思う
  やて、安心すんねん。」

春夢「そうか?」

つ「うん。いつも僕の欲しい言葉くれるし、
  ぼくを、乱さない。」

春夢「大人だからな。」

つ「うん。」

春夢「俺さー、。あんとき、
   嘘つく事できたぜ、
   だけどさー。それが嘘って分かったら、
   お前、俺の事、信用出来なくなるだろ。
   それは、嫌だな。
   お前に、対する愛もすべて本当だし、
   嘘に、されたくないな。」

つ「春夢くん。」

春夢「お前には
   愛人に、なってくれ、
   と、正直に言ってる。
   結局、俺の本妻には、なれないし、
   嘘ついても、いずれバレて、
   お前を傷つける。」

つ「………。」

春夢「だけどな。
   本妻以上の、幸せをお前には
   やる。
   それは、俺がお前を愛してるからだ。」

つ「はるむくん。」

春夢「お前、アメリカ来いよ。
   俺、お前に会いたいよ。」

つ「はるむ、くん。」

春夢「つおし、。好きだ。」

つ「ぼく、どうしたらえーんやろ。
  ひかるん事も好きやし
  春夢くんも、好きやねん。」

春夢「分かった。ゆっくり、考えろ。」

つ「うん。」

春夢「また、お前から、電話くれるか?」

つ「………、
  うーんと。春夢くんも、
  正直ゆーてくれたから、
  ぼくも、ゆーけど、
  ぼく、春夢君と、電話すんの
  怖いねん。」

春夢「どうして?」

つ「ぐらつくねん。気持ち。」

春夢「ぐらつく?」

つ「春夢君と、話すと、
  ぼく、忘れてまうひかるん事。
  すごい、ひかるん事好きなんに、
  春夢くんに、気持ち持ってかれてまう。
  やから、怖い。」

  
  




   
  

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 481ページ
このページを編集する