可愛い僕、かっこいい彼

セキュリティ

つ「ひかる、どーしたら
  それ、やめてくれる?」

ひ「なんで、やめなー、あかんねん。」

つ「あんな、落ちつかへんやん
  トイレやて、風呂やて、
  ずっと覗かれるん。」

ひ「人聞きわるいなー。覗きやないねん。
  セキュリティや!
  安全や、安全。」

つ「やけど、それって
  覗きやで。
  光しか、みんかっても、
  なんか、いやや、」

ひ「見られて、悪い事する気なんか?」

つ「そんなんやないけど、
  ひかるは、平気なん?」

ひ「平気や、 見られて、悪い事せんかったら
  いい。」

つ「もう。わがまま!」

真也「つおし、そんなんゆーなや。
   光、心配しとんねん。」

和「せやでー。好きな子に、
  なんかあったら誰かて嫌やろ。」

つ「分かるけど……。」

ひ「せやねん。好きな子に
  何かあったら。いややねん。」

つ「ひかるは、黙って!!」

拗ねる光。

考え込むつおし。

まだ、考えるつおし。

更に考えるつおし。

つ「う〜。
  もう、
  分かった。やけど、
  一つにして、なるべくそこに
  おるから、なぁ。」

ひ「ひとつぅー。足りるかな。」

つ「ぼくかて、妥協してんねん。
  ひかるも、妥協し、!」

ひ「うん。やったら、
  ベットルームかな。
  いや、待てよ。ダイニング?」

つ「ひとつ!」

ひ「うーん。二つは?」

つ「ひ、と、つ!!」

ひ「今、決めらへんわ。
  考えとくわ。
  あかん、もう時間あらへんやん、
  しょんべん。行ってくるわ。」

つ「ぽなら。僕たち教室戻っとるな。」

ひ「ああ、」

と、ひかるは、トイレに行った、

つおし達も教室に戻ろうと、
健と一緒に、教室を出よとすると。







  


0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 481ページ
このページを編集する