可愛い僕、かっこいい彼

和vs夢芽

また、
それから、しばらく
すると、
げっそりした和と、
イラついとる夢芽。

ひ「お前らは、どやった?」

和「どやった、じゃないで、
  やれる訳あらへんやん。」

ひ「なして。」

和「まず、こいつの裸みて、
  ひいたわ。」

夢芽「失礼ね。」

和「胸筋。すげーし。
  ボディビルダーやで、
  完全男や。やる気にもならへん。」

夢芽「スタイル維持してるから。
   やっぱりね。多少は、筋肉つけるわ。」

和「多少の、範囲じゃないぜ。
  こんなんじゃ、立たへんから、まじで」

ひ「まぁ、想像どおりやわ。」

和「俺はつおちゃん好きやけど
  男が、好きな訳とちゃうねん。」

ひ「俺かて、そうや。」

和「お前は、つおちゃん、抱いてるから
  ええやろうけど、
  俺に女言葉の、男あてがうのよせよ。
  興ざめやわ。」

ひ「わりー。」

和「よく、考えてみー。
  こいつみて、立つ訳ないやろ、」

ひ「まぁ、そやな。」

和「全く!キモいもん、見たわ、
  変わりにつおし、抱かせろ。」

ひ「お前もそれか。」

和「お前もって?」

ひ「真也と、健は、s○xしたらしいねん
  けど、
  相手をつおしと、思って
  お互いやるくらい。
  重症や。」

和「気持ちは、分かるわ。
  まぁ、健もそこそこ、可愛いから、
  2人は、やれたやろうけど、
  俺んとこは、
  バラエティやで、」

ひ「お前んとこは、はなから
  期待しとらん。」

夢芽「あのねー。
   黙ってきいてれば、
   キモい男のレッテル
   つけないでくれる?
   つまり、よ。
   逆にそんな、男らしい体だとしたら、
   柔いつおちゃんとの体の相性は、
   バッチリなわけ。」

つ「||||@@||||」

夢芽「どう、逞しい私の体に
   抱かれてみたくない?
   つおちゃん?」

つ「えっ?」

夢芽「あなたの為なら、雄になれるわよ。」

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 483ページ
このページを編集する