可愛い僕、かっこいい彼

つお、とぉ。夢芽!

夢芽は、かかえた、
つおしをベッドにおろす。

夢芽「好きだ。」

つ「……-。」

つおしは固まったまま、
夢芽は、そんな。つおしの
服を脱がしていく。
パンツも、脱がされた時

我にかえるつおし。

つ「えっ。ぼく
  裸?えっ、夢芽さん、
  えっ?何してんの?」

夢芽「ごめん。
   止まらない。」

つ「えっ。
  ちょっと、待って
  駄目、あかんよー。」

夢芽は、つおしの言葉が耳に
入らない
つおしの、裸体を目にした。
夢芽は、我を忘れて
その体を手に入れようとしていた。

つおしの
身体を抱きしめる夢芽

夢芽「やばい。きもちいい、」

つ「夢芽さん。ね?、
  落ち着いて。」

夢芽「つおしが、欲しい。」

つ「待って、ねっ。」

夢芽は、つおしの胸のさくらんぽ
を口に含んで転がす、

つ「あん♪」

我を忘れてつおしを、愛撫する、
必死に、
つおしを、気持ちよくしたくて、


つ「あ〜ぁ。」

次々与えられる快楽に
力が抜けてく
つおし。

夢芽「もう、いいかな。
   体が、熱くなっつてる。
   体中が、"ヒクヒク"
   してるぜ。」

つ「だめ、入れないで。」

夢芽「ほんとは欲しいくせに。」

と、つおしの乳首を弾く。

つ「あ〜〜〜ん♪.」

夢芽「ほらな。もう、お前の体は、
   準備OKや。
   そして俺も。」

と、自分の履いてた、パンツを
おろす

つ「夢芽さん、あかん。
  これ以上はあかん。
  ぼくも、夢芽さんも、ひかる
  裏切る事になんねん。
  ええん?」

夢芽「俺は構わない、 
   つおし手に入れるには 
   多少のリスクは、覚悟してる。
   じゃあ。つおしの全て
   堪能させてもらうな、」


と、つおしの両足をつかんだ

で、自分の、肩にかける。

足を"バタバタ'"させ
足を外すそうとする。

しかし、しっかり、夢芽に足を
押さえられている為
外せない。

夢芽「つおしの全てが見える。」

つ「どうして。やめてくれへんの。」

夢芽「無理だろ、お前も少なからず、
   男なら、分かるだろ」

つ「もう、
  いい、分かった
  すきにして、」

と、顔を背けた。
  
夢芽「悪いな。」

0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 502ページ
このページを編集する