可愛い僕、かっこいい彼

禁断ゾーン

危ないゾーンに
入ります。ご注意を!



つ「もう。2人とも変態や!」

春夢「最高の褒め言葉だな、
   なー。光。」

ひ「そうやな。」

と言うと片方のチクビに吸い付く
“れろれろ"舌で転がし遊んでると、

春夢が反対側に
吸い付いた。

つ「ひゃ〜〜〜ぁ!!!
  あかん、あかん、だめやて、だめ。」


春夢「お前は下
   俺は上だな。」

と、言われ光は、つおの
下半身を弄りだす。春馬は、春馬で
つおしの、上半身を必要に責める。

つおしは、くねくねと、全身
を揺らし、快楽に耐える
その姿は、羽衣を探す天女のようで、
あったが、
2人に与えられる快楽に
よって
何かが壊れたつおし。

つ「ほしい。♪」

と、つおしは、けつを突き出した

春夢「壊れて来たな。
どうする。?お前か俺か?」

ひ「俺に決まっとるやろ。」


と言うと、つおしに突き刺さす光。

上からも、下からも
快楽を与え続けられ
つおしは。口を開けたまま。光もの
をこぼしていた。
トロトロの目に、
まっかになって、喘ぐつおし。
手、足を快楽により、
"バタバタ"させる。


ひ「堕天使やな、」

春夢「やばいなぁ。
   理性、ぶっ飛んで
   快楽のままに踊ってるな。」


つ「う〜ん。だめ。
  もう。あかん。」.

つおしはフーっと意識を失った。

春夢「あんまり
感じすぎていってしまったな。」

ひ「あららっ。相変わらず
  可愛いな。」




  • しおりをはさむ
  • 7
  • 0
/ 609ページ
このページを編集する