可愛い僕、かっこいい彼

風呂。

風呂場に連行された
つおし、

早速
服を脱がされる。

2人がかりで。ボタンをはずされ
かわいい、乳首が。
ぴょこん、。

真也「||||||@@||||||」
   おっ。つおしの乳首かわえ。」

ちょこんと、弾く真也。

つ「いやん。」

遅れて入って来た光。

ひ「おい、こら、お前ら
  ふざけんな!」

真也「邪魔もんきたわー。」

ひ「うっさい。お前ら出てけ!!」

真也「なんでやねん。かわいい。
   乳首が誘っとるやん、」

"ちょん。"

つ「あん、。」

ひ「やめー。勝手につおしに、
  さわんなや!!マジでキレるで!!」

真也「なんやねやん。さっきから、
   うっさいねん。」

健「せやでー。光さん、
  うっさい。」

ちょんちょん、触られ
立ってくる、つおしの乳首。

真也「あっ。立ってきた。」

つ「|||@@|||。えっ。
  やっ。みんで。」

つおしは、両手で乳首を隠す。

"バコッ" "バコッ"

光は側にあった、ほうきで
ふたりを殴る。

ひ「で、て、け!!!!!」

睨みをきかす、光。

真也「分かったよー。行くで健。」

健「えー。」

真也は、健をつれ
脱衣所から出て行った。

ひ「みしてみー。」

つ「なん?」

光は、つおしの、手を取る

ひ「あーぁ。立ってしまったやん。」

つ「|||||@@||||やて。」

ひ「なんであんな事ゆーねん。」

つ「あんな事?」

ひ「俺ので"ベタベタ"とか、なんとか、」

つ「あかん?」

ひ「あかんやろ。襲われたいんか?」

つ「襲われる?なんで?」

ひ「やっぱり、お前は、馬鹿やわ。」

つ「………。」

ひ「空想でつおとs○xするやつに
  とったら、そーゆんは、
  誘ってる。ゆーねん。」

つ「そーなん。?」

ひ「乳首まで、触られよってからに。」

つ「うん。||||@@||||」

ひ「はぁ〜。俺がおらんかったら、
  どうするつもりやってん。」

つ「ごめんなさい。」

ひ「もう、ええよ。
  そんなとこも、含めて好きなんやから
  しゃーないわ。」

つ「ひかる♪」

裸の乳首で、光に抱きつく。

ひ「あんなー。こーゆんも、
  よそでしたらあかんよ。」

つ「???」

ひ「お前の"ぴんぴん"な乳首、
  俺の胸、直撃やねん、。」

つ「???」

ひ「やから、俺、
  たってしまったやんか。」

つ「|||||@@||||」

ひ「責任とれ。
  まずは綺麗にしたるわ。
  してほしかってんやろ。」

つ「||||||@@||||||えっ。
  ちゃうねん。一人でできるから。」

光は鍵を閉めにいく。

そして、
つおしの服を全部脱がすと、
自分も。まっぱ、になる光。

ひ「さぁー、行こうか。
  どこから。洗ってほしいんや。
  隅々、隅々、隅々 
  まで、綺麗にしたるからな。」

つ「えっ、。いやや。はずかしい。」

つおしの手を引っ張り。
風呂に向かいながら………,,

ひ「乳首か?○んちんか?
  けつの穴か、何処がいい。」

つ「ひかる。だいじょうぶ。
  ひとりで。」

ひ「あんな事ゆー子には、
  お仕置きが必要やねん。」

光は、ボディソープを手に取る。

ひ「まず。かわいい。かわいい。
  乳首からやな。」

と。ひかるは、
つおしの乳首に手を当てる

つ「あん♪」

ひ「エロ !」

と、ゆーと、つおしを
念入りに洗い始める、

つおしはいつもと違う光の愛撫に
声がとまらない。

あん♪あん♪
ゆーう、つおしに。
光は、硬い床の上で腰を揺らす事に
なるのだった。





   




  

  • しおりをはさむ
  • 7
  • 0
/ 609ページ
このページを編集する