可愛い僕、かっこいい彼

合コン。END,

ひ「とにかく、肝心なんは、和や。」

和「ああ。」

由紀「和君ねー、まだ、子供だから」

和「すいません。」

由紀「とにかく。まず
   友達になりましょう。
   私はまだ、和君の事よく知らないから。」

和「ええんですか?」

由紀「まぁね。とにかく、
   連絡するわ。」

ひ「よかったなぁー。和。」

和「せやなぁー。」

つ「おめでと。(ू•ᴗ•ू❁)♪」

和「お前もかわええ♪やっぱり
  すてがたいわぁ〜〜。」

ひ「あほか!」

瞳「ほんとに、つおし君  
  かわいい♪」

ひ「お前らなぁー、。」

つ「ぼくなん、普通やん。
  見てなぁー、お姉さん達みんな
  綺麗やぁーー、。」

女性陣「まぁ♪つおし君♪」

つ「ぼくの、お友達をよろしく
  おねがいしますぅ。」

女性陣「||||||@@||||||かわいい♪」

ひ「お前が、いらんこと
  ゆーと、逆効果やねん!、、」

つ「?」

ひ「お前は俺らの部屋で
  待ってろ!、」

つ「なんで、?」

ひ「お前が、おると、
  皆がお前を見るねん。
  彼氏としたら、面白くない訳や。」

つ「そうなん。」

ひ「それにや。
  くっつくもんも、くっつかんくなるわ。」

つ「そうなんかぁ。」

ひ「分かったら。部屋で待っとき。
  解散したらすぐ行くから。」

つ「うん。」

ひ「沢山、鳴かせたる。」

つ「|||||@@||||みんなおる。」

ひ「あん♪あん♪言わせたるから。」

つ「|||||@@|||||
  やから。みんな、おるねん。」

ひ「なんや、あかんか、
  事実やんか。
  お前のけつ、俺がほしいーて、
  "ヒク ヒ

つ「あああわーわわ、!。!!
  ||||||@@|||||||あああ!、、
  だぁめぇ〜〜〜!!!!
  ゆーたら、あか〜〜〜〜〜ん。
  ぼ、ぼくぅ。
  部屋にもどっとるぅ〜〜〜。」

真っ赤に、なって、
駆け出して行くつおし。

瞳「やっぱり、つおし君
  ||||||@@||||かわい♪」

女性陣
「ほんとーー。||||||@@|||||♪」

メンズ
「あいつ、やっぱ、かわええわ♪」

ひ「あいつは、何をしたかったんや
  ファン増やした、だけやん。」

由美「ねっからの、アイドルね。」

ひ「はぁ〜。心配増えるわぁ。」

由美「大丈夫よ。この子達、アイドルとして
   見てるわ。手の届かないアイドル。」

ひ「そっかぁ。」

由美「つおし君、簡単に他の人に
   おとされないじゃない。
   というか、あなたの言いなり、」

ひ「まぁな。そうしてる。」

由美「電話すら、出来ないんじゃ
   どう、誘うの?」

ひ「まぁな。」

由美「つおし君おとすには、
   あなたって、壁越えないと、
   いけないの。
   簡単にいかないの。分かったんじゃない」

ひ「せやろな。」

由美「だったら。手の届くとこに
   手を出すんじゃない。」

ひ「やったらいいけどなぁ。」

由美「何組上手くいくかしらね。」

ひ「どやろな。」

由美「皆のアイドル抱いてる
   気分はどう?」

ひ「そりゃー。もー。
  さいこうやでー。かわいくて、
  しゃーないわ、」

由美「守りなさいよ。
   あんなに、素直で、かわいくて♪
   離したら次はないと思いなさい。」

ひ「分かってる。俺の大事なお姫様や!」

由美「さぁー。あなた達かえりますよ。」

と由美は、女性陣を連れて
出て行った。









  

  • しおりをはさむ
  • 7
  • 0
/ 609ページ
このページを編集する