可愛い僕、かっこいい彼

数学の授業中

数学の授業でも

先生「つおし、 
   x2+3xy+2y2+4x+7y+3を
   因数分解しなさい.!」

つ「ぼく?ぼく、わからへんよぉ、。」

クラスメート
「なんで、つおしばっか、あてるんや。
 せんこー。」

先生「教えてやるから、やってみなさい。
   とりあえず、前に来る。」

つ「は、はい。」

つおしは、足取り重く
黒板の前に立つ。

先生「チョークを持つ!」

つ「はい。」

先生「……一部分だけを小出しにして…。」

つ「こうですかぁ。」

先生「違う。」

というと、先生は
つおの後ろに立つと
両手でつおの腰を持った。

ひ「つおし!!」

つ「いや〜〜!!!、先生〜〜近い!!」

つおしは、至近距離で先生に振り向く。
つおしの唇が触れそうなくらいに
あることに、
先生は"ドキドキ'"

光は慌てて、立ち上がる。

ひ「つおし、戻って来い。」

先生はつおの腰を持つ手に力を
入れる

つ「はなして!、」

クラスメート
「先生、嫌がってるやろー!!」

光が
"ズカズカ"歩いて来る。

ひ「触んなや!
  汚い手を離せ!!」

光は、先生の手を払いのけると
つおしを、後に隠す。

そして、黒板に何やら書くと
つおしを連れて、席に戻る。

"2+(3y+4)x+(2y2+7y+3)=(x+y+3)(x+2y+1)"
セクハラすると通報するで!!"

と、書いた。

先生「いやー。俺は解き方を、やな。」

ひ「必要あらへん。俺がいんねん。
  余計な事すんなや。」

クラスメート
「ほら、旦那が怒った。! 」
「 先生の触りたい気持ちは分からんくないけど、
 やめたほうがええで。」
「 旦那キレるでー!」

先生「そんな事は…………,。」

クラスメート
「つおのドアップみたやろー、!」
「そのあたりから、
 顔がタコさんみたいやでー!」
「教師が嘘はあかんでー。」


  




   

  • しおりをはさむ
  • 7
  • 0
/ 609ページ
このページを編集する