可愛い僕、かっこいい彼

アミューズメント②

と、レンタルスペースから出ると

"順路"

の看板が見える。

ひ「なんや、順路って。」

由美「あら。あなた、順路知らないの?」

ひ「知ってるけど、なんで、順路やねん。
  水族館や、お化け屋敷みたいや、」

由美「まぁ、まぁ。行けば分かるわ。」

と、3人が順路通りに歩いていくと。

"プリクラ"

の看板が見える

ひ「プリクラ?」

由美「さぁ。カップルと言ったら
   プリクラよ、」

と、機械の中に2人を入れる由美
2人は、写真を撮って出てきた。

由美「見せて。」

光は、由美に写真を渡すと
由美はハサミで半分にして
光とつおしに渡した。

由美「大事にしてね。」

と、言われて、光は、
プリクラを見る。

ひ「なんか分かるわカップルの気持ち」
と、ポケットにしまった。

つ「せやね。」
と、つおしも、ポケットにしまう。

由美「記念撮影すんだし
   次いきましょう次、」

と、また、順路に沿って歩く、
すると、
次は。

車がドーンと置いてあって。

その車の前に液晶がある。

由美「さぁ、座って。」

2人が、車に座ると、車の屋根が閉まり
2人きりに

しばらくして、2人がでてくる。

つ「綺麗やったぁ♪」

ひ「せやな♪」

由美「でしょ。世界中の有名な夜景
   スポットが映し出されるの。」

ひ「もしかして、ここって。」

由美「そう。デートコースの再現ね。
   デート、といえば、みたいな
   スポットを再現してるの。」

ひ「へー。おもろいやん。
  次行こうぜ次。」

と、次に来た2人

ひ「なんやこれ。」

由美「知りたい?」

ひ「やから。なんやねん。」

由美「押すわね。」

とスイッチを押し、
何かを入力した。

中心から何かがでてくる。

3次元映像の、つおしだった、

つ「ぼく、?」

映像のつおしは、
正面の光に話かける。


映像つ「ひかるぅ、今日はありがと、
    プリクラとったり。
    夜景見たり楽しいかった。  
    愛してるよ。
    ちゅうして。」

ひ「||||||@@||||||」なんやこれ。」

由美「つおしと、ちゅうできる。
   3次元映像よ。」

つ「||||||@@||||||」あかん、」

由美「正面に、立った人にちゅうして
   くれるの。
   光の名前も入力しといたわ。」

ひ「こんなんあかん。
  撤去や、撤去。!」

由美「ポイントごとにあるのよ。
   無理よ。
   最後の3次元つおしなんて、」

ひ「なんや。」

由美「"僕のこと、抱いて"
   ってゆーのぉー。もぉ、
   抱いてあげるわよ♪♪」

つ「||||||@@||||||ゆ、み、さん、」

ひ「何が"抱いて"や、あかんやろ、絶対!
  どうゆう趣味しとんねん。」

つ「|||||@@||||||」


ひ「もう、ええ、先見るの怖いわ
  帰るでつおし。」

つ「うん。」

由美「えー。まだまだ、
   魅力的な、つおしに会えるのよ。」

ひ「もう、ほんもんいるから
  ええわ!!」

  • しおりをはさむ
  • 7
  • 0
/ 609ページ
このページを編集する