可愛い僕、かっこいい彼

個人指導

つ「"先生!私。
  …………???……
  私?わ、た、し、?"
  あれ?何やっけ?」

ひ「おい、おい、 
  ここ、まだ、
  物語の、初めや、!」

つ「先輩はもう、覚えてんの?」

ひ「あったりまえや、
  そんなん1時間や、いち、じ、か、ん!」

まじで〜?
何ページもある台本1時間なん?

ひ「お前の台詞も、すべて
  ここはいってんで、」

光は自分の頭を指差す。

つ「頭えー連中と、一緒にせんで!」

ひ「ちゃうねん、
  お前セリフ文字でとらえてんねん。
   やと、覚えられへんねん。」

つ「文字?」

ひ「そやで、
  何十ページも、ある、台本を
  ひとつひとつ、文字で、とらえたら
  覚えられへん。」

つ「じゃあ、どないすんねん。」

ひ「ストーリーとして、
  とらえんの。
  ちゃんと、役に入り込むと、
  自然と、似た、セリフ出てくる,
  それを台本の言葉に直すだけや。」

つ「入り込む?…できひん。」

ひ「俺が入り込ませたる。」

"グイ"
僕の肩を抱きしめる

ひ「お前は、俺を好きなんや。」
  お前は"まい"や!
  役に入り込め、」.
.
光は、綺麗な顔を近づけでくる。
僕は、その綺麗な顔に見とれて、
身動きができない。

綺麗やなぁ〜〜。
キスされんのやろか?
光、目瞑っとるから、見とって
いいかな?

"ぼ〜"
いろいろ考えてる時
僕の唇に、光の唇が触れた。

あったかいなぁ〜。

なんて、冷静に考えていた。

が、
すぐ離れる思った
光の唇は離れない。
徐々に息苦しくなる。

光の肩を押して、
離れてようとするも、離さない。
僕は息苦しさが本格的になり。
口を開いた。


☆!☆!

すると、

光の舌が、
僕の口の、中に入ってきた。
☆☆☆!!!

自然に、僕の舌に光の舌がらからまる。
逃げようと僕は舌を動かすが、
余計光の舌とからまる。

次第に

僕の、体が熱くなってくる、
心臓が"ドキドキ"鼓動が高くなって
肩で息をする
膝が"ガクガク"してくる、

そして僕の力が抜けた。
意識が無くなっていく〜。

 
ふと、僕は目を開いた
開くと、座りながら壁に寄りかかる光に
僕は跨がるように、
抱きしめられていた。

僕を優しく光は見てる。
優しく、微笑むと悪戯っぽく言った。

ひ「気絶する程良かったか?」

(////@///)
僕は一気に顔に熱があつまる。
さっきの行為で、気絶したんだ。
恥ずかしい。

光はそんな僕の顔をマジマジみて、

ひ「お前かわい〜な。」

って言うと
続けて、

ひ「つおし、お前本当に
  俺を好きになれ、、。」

いつも、やったら、
"なるか〜!、
と叫んだ、だろうに。

この日僕は


うるうるな目で
光をみつめ、

そして、

「はい。」
と返事をしていた。
僕は悪魔の魔術に
おちてしまっていた。















0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 502ページ
このページを編集する