可愛い僕、かっこいい彼

修学旅行ー13 /国会

とにもかくにも、
僕らは勉強を余儀無くされた。

つ「なぁー。健
  僕らはもう来年は、
  修学旅行ないよなぁー。」

健「、そりゃそやろ。
  あっても、この様だぜー。
  学校で、勉強するか、
  外で、勉強するかの違いじゃね。」

つ「そやんなぁ。」

夢芽「そこ、何ぶつくさ言ってんの?
   往生際悪いわよ。さぁさぁ
   やった、やった。」

光は、下井乃先生と、
マンツーマンで勉強中。
和と、真也は
難しすぎると、自習中

で僕らは
2人で、ぶつくさ
話してる
受験生でもないのに、
缶詰されて、
不安も募る。

健「暇やなー。」

言っておくが勉強中である。

つ「いいな、他の2年は、
  旅行満喫してるよねー。」

僕と健は、
愚痴が止まらない。

つ「これ、どれくらい続くんやろ。」

健「帰るまでやろ。」

もともと、知ってた
光は別にして、
和&真也も覚悟は出来たようだ。

不満なのは
この2人
高校生活たった、
一回の修学旅行が缶詰なのだから

さぁ、午前中迄の
勉強時間が終わり
夕方迄しばしの休息。

=======自由時間=======

夢芽「今日の、息抜きはここよ。」

テンション高めの夢芽に
連れて来られた場所。

それは
   [国会議事堂]"

テンション下がる僕と健

夢芽「下井乃先生が、
   生の国会議事堂は、
   勉強になるって、
   しおりに
   おりこんでくれたわぁ〜。」

光「でかいな。確かに見学は勉強になるな」
真也「確かに見る機会ないもんな。」
和「 本会議場入れっかな?」

受験生達はそれぞれに
テンションが上がる。

が…

僕と健
健「何か、違くね。
つ「そやね。」

健「○○テレビとかさー。
  スカイツリーとかさー、
  渋谷、秋葉原、いろいろ
  あんじゃん
  よりによって
  なぜ.国会議事堂?」

つ「なんか、この先
  不安やね。」

健「ずーと、このパターンかもな。」

つ「いややな。」

僕と、けんは

そんな僕達をよそに、
先輩達は「すげー。」など、と
案内する人に、ついて行く。

僕と健は
たった1時間が、
6.7時間に感じた。
一日中出かけてる他の2年と違い
唯一の時間なのに。











0
  • しおりをはさむ
  • 5
  • 0
/ 502ページ
このページを編集する