可愛い僕、かっこいい彼

のあ のその後①

丸山「のあ、
   何でそんなに、つおし先輩に
   執着すんねん。」

のあ「お前には、分からへんねん。」

丸山「確かに、かわい〜けどさ、
   お前やったら、
   女よりどりみどりじゃね。」

のあ「女とか、男とか
   そんなんやないねん。」

丸山「あっ、そ。
   で、お前は何みてんねん。」

丸山はのあの携帯を覗く
今日はTwitterじゃなく、
動画を見ていた。

☆☆☆!!!

丸山「お前それ、隠し撮りやん。
   あかんて。」

のあ「いいやん、
   自分で楽しんでるだけで、
   upしたりせーへん。」

丸山「そんなん見てたら、
   抜けられへんやろ。」

のあ「ほっとってや。」

丸山は、のあ、がつおしから
抜けられるのを待っていた
のに、あんなん見てたんじゃ
抜けられへん。

丸山は光先輩に相談する事にした。


========光の教室=========≡

丸山「光先輩います。」

クラスメート
「光か、あそこや、」

イチャイチャしてる
2人を指差す
つおし君が光先輩に
抱きしめられていた。

クラスメート
「光、後輩が呼んでるぜ。」

行けよと、言うように、
丸山の背中を押す
丸山は光の前に立つ。

ひ「お前、補習ん時のあれやろ、
  のあの、友達やんな。
  どないしたん。」

丸山「ここじゃ、ちょっと。」

ひ「俺つおしに隠し事したないねん。
  ここで話せや。」

丸山「分かりました。
   実は、
   "のあ"がつおし先輩の
   キスシーン
   何度も見ておかしなってます。」

和、光、つおし、真也
☆!☆!☆☆☆!!!
☆☆☆!!!

全員が丸山を見る!

ひ「ど、ど、どうゆう事やねん。!」

丸山「やから、
   あそこ、とあそこの
   先輩とのキスシーンを
   何度も、見てるんです。」

丸山は、真也と和を指差した。
光は真也と和を見る

つおしは青くなっていた。
和と、真也も、……………。

当事者達は知っている、
自分がつおしにどんなキスを
したのか。
それを、動画にとられている。

光は鬼のような形相だ。
ドスの聞いた声で、

「お前ら覚悟しとけよ。」

と言うと、全員を連れて
1年の教室に向かう。

===========のあの教室============

のあ、やっぱり
つおし先輩かわいーわ。
あかん、色気ありすぎて
襲いたくなるわ。

自分が撮った動画を
ニヤニヤしてみていた。

"スッ"
のあ の手から携帯がなくなる。
フッと後ろを振り返ると、 
動画をみている、光先輩が……。

のあは
青くなった。

携帯を見終わった
光先輩は、
わなわなと震えていた。

ひ「これはなんやねん。」

ビビる
つおしと、和、真也。

ひ「これはなんや聞いてんねん。」



0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 483ページ
このページを編集する