可愛い僕、かっこいい彼

のあ のその後②

ひ「これは一体なんやねん。」

動画を3人に見せる
そこには


つおしの顎をつかみ
"クイッ"
と持ち上げ
そのまま、つおしの唇に、
無我夢中で、
吸い付いてる、和の姿と、



つおしの手を首にまわさせ
真也の口に近づけたつおしを
引き寄せキスをし
更には
つおしの唇を割って中に入り
気を失ってしまった、
つおしの姿


が写っていた。


ひ「どーゆー事やねん。」



和「ごめん、
  止まらなくなってしもうて、」

真也「同じく、自分が
   抑えられんくて」

つ「ごめんなさい。」


ひ「ありえへんやろ。
  お前ら、つおしに何してんねん。」

和、真也
「すまん。」

ひ「つおしもや、
  何真也に、口近づけてんねん。」

つ「僕が見た
  光と、先輩のキス再現しとって。」

ひ「あんなん、したら、
  誰かてムラムラくるわ!!!!」

つ「ごめんなさい」

光の怒りは止まらない。

ひ「お前はなんで、隠し撮りなんて、
  してんねん。
  俺とつおし、じゃなくて、こいつらの」
   ↑
光と、つおしならいいんかい。

のあ「あんまり、つおし先輩が
   色っぽくって、
   別に、動画UPしてへんから
   ええやん。」

光は、その動画を消去して
のあ、に返す。

ひ「お前は変態か。
  そんなに見たいんやったら
  見せたる、よおみとけ。」

光はつおしを強引に引き寄せた
怒りMAXの光は
つおしを、壊してしまうんでないかと
いうほど激しいキスをする。
つおしは光の怒が分かるため答えた。
激しいキスに、耐えて
初めて自分から光の口に舌をいれた。
ごめんね。の意味を込めて。

程なく
つおしは気を失しなった。

光は初めてつおしから
求めてくれた事で心の怒りが
しずまった。
つおが求めたのは
光だけだったから。

ひ「今回だけは許したる
  和も、真也も、 
  俺がつおしと、別れたと
  思ってした事やろうし、」

和、真也
「すまん。」

ひ「けど、2度はないからな!!!」

ひ「それと、のあ、
  いつまでも、つおしの
  ストーカーやめとけ、
  お前を好きな奴近くにいるだろ。」

のあは
丸山を見た。

丸山「つおし先輩の変わりは無理かも
   しれんが愛は与えてやれる。」

のあ「まるやま?」

丸山「待ってるから、少しは俺を
   見てや!!」

ひ「そーゆーこっちゃ
  悪いが、どんな事があっても、
  俺はつおしと別れない
  やから、他に目を向けてやれ。」

と、言うと
崩れ落ちるつおしを抱いて

ひ「和、真也帰るぞ」

と、1年の教室を後にした。

残された
丸山と、のあ

のあ「丸、分かった、
   俺がつおし先輩忘れるまで、
   もう少し待っとってや。」









  

0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 0
/ 481ページ
このページを編集する