今あるべき姿

和田敦志
純文学・シリアス 0ページ(完結) 0字 更新日 2007/12/04 読者 20人 公開 0 0

小さな手に光る今にも溢れそうな夢  僕らはとにかく走った何も恐れずただただ前へ

後先は考えない目指すは理想の世界  向かい風を味方につけ風を切るように走る毎日

「ねぇ どんなもんだい 俺はスゴイだろ!

そう だって俺は 誰にも負けたくはないんだ」

あの頃ガムシャラに追いかけた夢は大きく 無謀に思えるくらいで

でも今忘れている大切な心を 持ってた自分がいた気がした

大きな手に握る毎日の期待と不安 何かにおびえるように身を縮めてしまう現実

「ねぇ 今の俺は 笑い者なのかい?
 
 なぜ この世の中は 意地悪で厳しいもんなの」 

誰もが自由に生きていける世界を 願うだけじゃ叶えられはしない

でも自分に厳しく生きていくことで いつかきっと叶えられると信じてる

たとえば夢を叶えられなくても 後悔だけはしたくはないから

今できる全てに全力を注ぐんだ… 後悔だけはしたくはないから
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 0
  • 0
このページを編集する