【重要】リニューアルのお知らせ

BOOK機能の仕様変更に関して必ずご確認ください!
詳しくはこちら


身代わり婚〜お義兄さまに囚われて〜

身代わり婚〜お義兄さまに囚われて〜

砂月美乃
恋愛 30ページ(完結) 24767字 更新日 2020/01/27 読者 4741人 公開 0 0
「重すぎる愛」短編小説コンテスト エントリー中
#結婚

 

 私は、身代わりの花嫁だ。
 お姉さまの罪を、償うための。



 初めてお会いしたとき、素敵な方だと思った。
 どうしてお姉さまがあんなに嫌がるのか、分からなかった。

 でもそれは、ほんの少女の憧れだ。



 今の私は、もう違う。
 身代わりの私は、口が裂けてもそんなことは言えない。

 まるで私が、お姉さまの不始末を喜ぶようなことを。
 まるで私が、それを望んでいたかのようなことを。



 だから、違う。私は必死に首を振る。
 お義兄さまのことなんて、何とも思っていないから。







 このお話は、昭和初期をイメージして書かれています。
 当時の風潮に合わせているため、結婚観や男女、身分や職業などに、現代には合わないやや差別的な表現をしている場合があります。あくまでフィクションではありますが、お好みに合わない場合は読むのをお控えください。
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 17
  • 1
このページを編集する