黒雪中花

退職届













『親愛なる鷺澤主任様』







あなたの右隣に座って早いものでもう二年経ちました。


新卒で入社してわたくしはもう二十四。あなたは今年で三十五におなりですね。


来年は係長に昇進されると風の噂で聞きました。


ますますのご繁栄のことと心よりお喜び申し上げます。





主任はこの会社で唯一わたくしが心を許していたお方、



尊敬してやまない主任。




まるで恩師であるようなあなたを、突然の「退職」と言う形で裏切ることをお許しくださいませ。




この結果を選ぶまで約一年の月日を悩みました。


あれこれと考えたのですが、このような形を取るのがわたくしにとって最善のことであろう、と


お世話になった主任を裏切るのは大変心苦しいのですが、




どうか




ご理解くださいませ。








  • しおりをはさむ
  • 22
  • 634
/ 23ページ
このページを編集する