雨の日に会いましょう

魅洛
恋愛 3ページ(完結) 2456字 更新日 2019/07/03 読者 418人 公開 0 0






彼は雨の日に現れる。

名前も知らない彼。






不思議な香りだけを残して、

そして私と同じ銘柄のスコッチを嗜む彼。





――今日は雨が

降っていない。







バニラとマーマレードの香りは何かの予感。




  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 14
  • 623
このページを編集する