盲目彼氏 下

キス

後悔先に立たずなんだとは思う。


けれど、キスを外でしたのは…失敗だった。





あの後、二人で車に乗り込むといつもの席にシン君とキンちゃんの二人がいた。


「お久しぶりです。今日からまたよろしくお願いします。」



「お久しぶりです。いえいえ、こちらこそ。」


話しかければキンちゃんはいつものポーカーフェイスで返してくれる。


けれど、問題はシン君の方で…


「姐さん…ヒック…やっと…若…ヒック…よかったです~…」


始めは普通だったのに、私の顔を見て少しずつ涙を流し始めた。


「おめでとうございます!…思いが…やっと…つたわ…」


車に乗り込んできた海斗さんに涙を流したまま言うシン君。


「ああ。…泣くな。」


海斗さんはそんなシン君に少し困った顔。

0
  • しおりをはさむ
  • 780
  • 979
/ 225ページ
このページを編集する