漆黒に、華の紅【完】

後書

はじめまして。 本作品作者のLuNAです。



ーーーまず、この作品について少しお話を。

友人関係、家族関係、恋愛関係、上下関係。
愛情や劣情を抱えながらも登場人物たちが踠いて、最終的にその関係の答えを見つける。

そんな複雑な人間関係などを詰め込んだ作品を綴りました。ーーーー





処女作故に読みにくい点や可笑しい文の構成など至らない点があるかと思いますが、ご了承ください。




私の粗末な文章ですが、読者様一人一人に

登場人物たちの繊細な心情や気持ちの変化、行動や言動の一つ一つを読み取って楽しんで読んで頂けたらと思います。



読者様一人一人に様々な感想があると思います。

感想自体はとても嬉しいのですが、
他の読者様に不快さを与えるような感想は控えていただけると有難いです。


コメントなど、本当に励みになってます。
ファン登録していただいた皆様にも感謝しています。
ありがとうございます。


番外編追加しますので、そちらもお付き合いして頂けたら幸いです。




最後に、素人の作者が設定用に描いた落書き程度の絵ですが、良かったら人物像の参考にしてみて下さい。


相関図




華と珱人



息子達



側近組

0
  • しおりをはさむ
  • 956
  • 393
/ 322ページ
このページを編集する