悪役姫と男装騎士Ⅰ【完】



「それでは、これで午前の部を終わります。これより、第一体育館への移動を始めてください。では、一年生退場。」


アナウンスが入る。
ちなみにここは第2体育館。全校生徒が入れるくらい大きいが、これから移動する第一体育館はその倍の大きさだ。


移動をしていると、やたら視線を感じる。
それも、複数いる。
まあ、挨拶したからかな。



この時の俺は、呑気にそんなことを考えていた。




0
  • しおりをはさむ
  • 4
  • 714
/ 244ページ
このページを編集する