両手を広げて~My sweet lover【完】おまけを追加

強引すぎる彼


美鈴に強制参加を命じられた“合コン”の日。

仕事が終わったあと、念入りに化粧直しをする美鈴の気迫に押し潰されそうだった。


気合い…入りすぎ…


若干引きぎみのあたしは、美鈴から少し離れた所で乱れた髪を結い直していた。


「彩南は、ホント…アレンジがが上手いよね~」


付けまつげを片手に、チラリと横目であたしを見る美鈴に、思わず苦笑いした。


片目しかついてない付けまつげ、怖いから…


もともと派手な顔立ちなのに、さらに華やかさをプラスした美鈴は、
どこぞのキャバ嬢…顔負けだと思う。

一人頷き、綺麗にアップスタイルに纏めると、簡単にメイクを直して終わりにした。


「気合いが足らん!!」


あたしのいつもと変わらない格好が気にくわなかったのか、仁王立ちの美鈴に『座りなさい』と、無理矢理座らされると、ドッサリと入ったメイクポーチから、次々に出される道具たち…


結局、付けまつげでまつげバサバサにされ、ラメ入りのアイシャドーで目元はキラキラに、たっぷり塗られたグロスでテカテカに光った口許。


なんだかな…


もう、好きにして…


鏡に映る自分の顔が普段と違いすぎて、自嘲ぎみに笑うしかなかった。



「さ、行くわよ!!」



ノリノリの美鈴とは対象に、こんなに重たく感じる足どりは初めてだ。



早く帰りたい…


帰って、優ちゃんに抱っこされたいなぁ…



優太に合コンのことは話さなかった。

美鈴の命令で、話すなと言われたからだ。

その方がスリルあるでしょ!? と…



スリルか…


ホントは、少しだけその“スリル”に興味があった。

18歳から今まで、大人になりきれないままの恋愛に、ほんの少しのスパイスが欲しかったのかもしれない。

0
  • しおりをはさむ
  • 104
  • 290
/ 40ページ
このページを編集する