優曇華さんの作品一覧

純真な君と

優曇華
2ページ(連載中) 234字 更新日 2019/09/02 読者 115人 公開

闇オークションで競り落とした少女は、あまりにも繊細で少しでも触れれば壊してしまいそうだった――。繊細奴隷少女×俺様不器用男の不器用で優しくて激甘なラブストーリー

僕らは正常じゃない。【完】

優曇華
47ページ(完結) 3385字 更新日 2019/09/19 読者 3201人 公開

「セックスさせて」そんな異常な願いを聞き入れたは私と頼んだ彼は正常じゃない__。同性愛の彼を好きになってしまった私は、きっとバカだ__。

世界より美しい瞳に甘い口づけを。【完】

優曇華
383ページ(完結) 29739字 更新日 2019/08/05 読者 2963人 公開

「お前は、俺の獲物だ。誰にも渡さねぇよ」 取り巻く危険から密かに少女を守る殺し屋と、それに気付かない能天気な少女の恋物語。 殺し屋の禁断の恋心が危険を招く__

今宵、貴女の心を頂戴しに参ります【完】

優曇華
84ページ(完結) 7615字 更新日 2019/08/05 読者 1893人 公開

かつて世界一の詐欺師と呼ばれた女と、現在進行形で世界一とうたわれる怪盗。関わる予定なんてなかった。あの人がいる限り、私たちは結ばれないの。でも、愛してる…

異常な恋なんて似合わない。【完】

優曇華
11ページ(完結) 2218字 更新日 2019/08/05 読者 1219人 公開

ただ純粋に、貴女のことが好きだった__

君を壊したい【完】

優曇華
31ページ(完結) 2168字 更新日 2019/08/06 読者 1086人 公開

君を知るたびに、君を壊したくてたまらなくなった__。

君の瞳に映らなくなったとしても。

優曇華
502ページ(連載中) 69330字 更新日 2019/08/11 読者 679人 公開

「貴方は誰__?」怖いよ。いつか、突然現れた君が突然いなくなってしまうことが。何度忘れたって私はまた君に恋するんだ。大好きな人の幸せを願うのはみんな同じなんだ。

君がくれる気持ちにまだ名前はなくて【完】

優曇華
43ページ(完結) 4236字 更新日 2019/08/05 読者 721人 公開

大切なものも、失うものも、そんな煌めいたもの、私は持ってなかった。そんなもの欲しくなかった。なのに…なんで貴女は…。エリートお嬢様の苦い初恋物語。

forget

優曇華
132ページ(連載中) 28506字 更新日 2019/07/30 読者 349人 公開

私の事を誰も覚えていないはずのこの世界で、貴方に出逢えてよかった_。1人の女性が忘れられて始まった5人の男女の友情×激甘×ツンデレラブストーリー。

君を奪えたなら。

優曇華
36ページ(連載中) 6028字 更新日 2019/07/25 読者 130人 公開

君は僕の親友の彼女で。僕らは色んなことを相談しあう仲で。親友は君を泣かせてばかり。僕はそれを見てるだけ。いつか君を奪うよ__。

このページを編集する