天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

22 初訪問 /仁side

仁side

今日はちぃちゃんが
サプライズで会社にくる日
夏休みも半分過ぎやっとちぃちゃんが
くる気になったようだ
街探検を 初めのうちは楽しんでいたが
街に行く度に 警備もビックリな
迷子になるちぃちゃん
その度に 何故かクラスメイトが
あらわれ一緒に 行動。
次第に街探検より
クラスメイトと お茶をする楽しみを
知ってしまう。
待ち合わせの約束をし
お茶に出かける様になったちぃちゃん
キョウは面白くないようだが
龍樹たちは 友だちが出来たんだなと
喜んでいたので
キョウは 何も言えず
ちぃちゃんを褒めていたが
会社では悲惨だ

あのデパートの一件から
キョウは HtGより
emperorに力を入れ出した。
新事業などは emperorに話をつける
emperorは チーム上がりが多いので
若い奴が多い。
考えが柔軟だから
どんどん案もでてくる。
それをよく思わないHtGの堅物ども
キョウは あの日
全くキレず 怒りもしなかったのは
この堅物どもに 興味を無くしたからだった
何か言ってきたら
私欲には使えねぇだろ?と
鼻で笑っていた。
堅物どもは 青ざめていたな
キョウの会社だ
社長の機嫌を損ねたと
やっと気がついたようだ

HtGは1つの会社でありながら
業務内容が全く異なる為
各部門は関わりがなく
部門が1つの会社のようなのだ。
最後の許可のみキョウがだすが
それ以外は部長が決める
HtGの建物に
間借りして会社が入っており
部長と言う名の社長がいてその上に
キョウが会長といった感覚になる
だから バカな奴らは
まだ若いキョウを甘く見てしまう
1部だけが 完全にキョウの下だ。
キョウは 正直 金には困らない。
会社も 暇だからでかくした。
ニーズに合い 無駄なことを嫌うため
成功したのだ。
そんなキョウは 会社に
未練などはないだろう
赤字を出す部門もあるが1部が
かなりの利益を生む為
会社全体は黒字。
キョウが 手を引くと 1部は撤退。
一気に業績は傾く。
それを忘れた堅物どもは
今更 青くなる。

ちぃちゃんが 夏休み中に 一度も
来ない事に苛立つキョウ。
遊びから帰ったちぃちゃんは
1人でキョウの帰りを待つが
仕事で 早く帰れない。
そんなキョウの苛立ちが
堅物どもに向く
本当に まずいなぁと 思っていた今日この頃
やっと ちぃちゃん
キョウの会社に興味をもった
明日 ひぃの所に行ってもいい?
そう連絡が来た
目の前で 繰り広げられている
やり取りを横目に
ちぃちゃんが天使に思えた
「文句あんなら 解任しろや。」

「いえ。ありませんが
このままだと 国内トップの座が」

「知るかよ。テメェらで 会社のために
考えてやれや」

もう表とは 思えない顔で話してるキョウ
家に帰る時には
何故か戻るが 会社だと
こわいんだよ?
早く来てあげて

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する