天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

24家族団欒 /智沙side

智沙side

「似合うかなぁ?」

「あぁ。とっても似合ってるぞ?
ちさの可愛さは 限界がないんだな?」

ホテルに戻って お買い物の時間に
買った物を響さんに 見せている

「ひぃ?いい子した?」

「あぁ。いい子にしてたよ」ギュッ
「ちさがいなくて寂しくてどうにか
なりそうだったんだがな?
ちさパパといろいろ 話していたら
あっと言う間だったぞ?」

「ひぃ いい子」

響さんたちは お留守番。
パパといっぱいお話してたんだ。

「あぁ。 ちさ?俺が仕事の日は
一人でお留守番して 寂しいだろ?
俺のとこに一緒にいよう」

「うん?何で?」

「俺は お留守番をしてちさと
離れる事が辛すぎる。
仕事とかなら 分かるが
一緒に居られるのに
居ないなんて耐えられない」

「ひぃ」

「寂しい思いをさせ悪かった。
お茶の後は そのまま俺の所へ来い」

響さん…。
お留守番に ちょびっと飽きてきた私だけど
響さんの邪魔をしたくなかった
でも 行っていいのかなぁ?

「…いいの?」

「あぁ。気が付かず悪かった
留守番が こんなに辛いなんて」

「ちぃ お留守番好きだよ?」

「寂しいだろ?」

「ちぃ お留守番好きなの。でも
ひぃといるのもっと好きなの」

響さんといるのは 何より大好き
一緒に入れるなら 嬉しいなぁ。

「ちぃは キョウくんの会社に
行かないのか?」

「うん。ひぃのお仕事の邪魔は
しないの。だから お留守番。
ひぃのご飯作って待っとくの」

夏休みは 時間もたっぷりあるから
晩御飯を作って帰りを待つ。
夕方からは お外に相変わらず出ない私
響さんは 私に PCを買ってくれたから
料理を検索して作ってる

「ちぃちゃん お料理いっぱい作れるように
なったの?」

「うん。PC買ってもらったから」

「……PC?」

「うん!お料理の作り方いっぱい載ってるよ」

「ちぃ?PCは 自分で調べるのか?」

「ちぃ 自分で見るよ?」

PCにパパが驚いている
何でだろう?私も ちゃんと 自分で
見るもん。もう 大人だもん

「ちさは 料理のページから
料理を選んで 決めるんです。」

「ちぃすごいでしょ?」

「ちぃちゃんすごいわ」

お母様に 褒めてもらった。
PCは1日に 一回だけ触っていい
設定とかがあるみたいで
簡単には触っちゃいけないらしい

昔は PCを触ってたけど
ある時 パパがダメっていいだした
理由はわからないけど。
その後は 調べ物ができない
PCをもらったので
お母様が隣で 見れる時だけ
それを使えた
それで私は十分だったんだ


0
  • しおりをはさむ
  • 934
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する