天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

26 ご挨拶 /響side

響side

ちさのカフェの案件が
予想以上に良かった
ガーデンウェディングを作って
やりたいため いろいろ考えたが
一層の事 ウェディング業界にも
乗り出せばいい。
転けた所で 痛手にはならないからな

問題は ドレス関係
アパレル系はうちにもあるが
ウェディングドレス系統はない
ホテルなんかは
神崎の方が やっているから
そこからの提供でも構わないが
ちさの初めての仕事だ
きちんとしたいからな

「ちさ 俺は今は関係ないが
神崎組の三男だ」

親に何度かちさに会わせろと執拗に
せがまれてたのを無視していたが
そろそろ 無視も難しい
夏休み中は ちさの行動パターンは
日によって変えていたから
危ない目にも 合いにくかった
夏休みが 終われば
同じ時間に学校に行き
同じ時間に買い物にでかける
狙いやすくなるからな

「ひぃ ちぃ その神崎組さん
あんまりわかんない」

「わからなくても構わない
ヤクザってやつだって事はわかるよな?」

「うん。バイバイする時は
小指をチョッキンするんでしょう?
バイバイできないね
さようならって 挨拶だと 大丈夫かなぁ?」

ちさ…何でそんな可愛いんだ
チョッキンって ちさが言うと
可愛く思えるんだが
バイバイって…
ヤバい 可愛すぎる

「…うん キョウ君 止めようね?
ちぃちゃん その話は誰に聞いたの?」

「小さい時に 聞いたから誰だったかなぁ
ヤクザ屋さんには 遊びに行っちゃダメって
お友達になると バイバイする時は
チョッキンするから」

「そっかぁ 遊びに行く事は
あったの?」

「ううん?ないよ。
幼稚園の時に ヤクザ屋さんの子どもが
入ってくることになったんだよ?
でもね はいってこなかったから」

ちさが幼稚園…?まさかそれ 妹の事か?
あいつ確か他の私立に蹴られて
聖女の小学部から 入ったはず

「そっか そのお友達ってのは
仲間の事かな?
ただの友達なら 大丈夫だよ?
エリちゃんとも 仲良しだけど
バイバイしても 大丈夫でしょ?
組に入って家族になったら 抜ける時に
そう言う事もあるよって事だよ」

「みんなじゃないの?」

「うん みんなじゃないよ」

「そっかぁ」

ちさが可愛すぎてどうしようもない
どうやら みんなチョッキンしないと
わかりホッとしたようだ

「キョウ君…俺が話せばいいのかなぁ?」

ちさを襲いたい気持ちになっていたら
仁に…仁が居るのに襲えねぇ

チッ「ちさ?でな
俺はあの親から産まれた事実は
変えられない。
今は若頭をアニキが 継いだが
俺も候補に入っていたからな」

「ひぃ 社長さんに若頭さんも
やるの?大変だね?」

「だから 社長だけにしたんだ
だがな?世の中馬鹿が多い
俺が神崎を継がないと分かれば 違う組を
継がせようとする馬鹿が出てきたんだ」

「ひぃすごいんだね?」

ちさは本気でわかってないな
ちさの頭の中では きっと組長は社長
位な意味合いにしか
思ってないな

「ちさ だから 俺のちさは
狙われやすくなる
俺の大事なもんはちさだけだからな
だから 親にもそろそろ会わせて
守りを固めたい」

「…ちぃ狙われるの?」

「大丈夫 必ず俺が助けるからな?」

「ひぃ」ギュッ

「ちぃちゃん キョウは 表も裏も
有名なんだよ キョウはね
その馬鹿な奴らの娘婿に欲しいって
奴がいっぱい居るんだ」

「………ひぃはちぃのだもん」

「うん キョウは ちぃちゃんのだよ?
それは 賢い人間にはわかるんだ
馬鹿は分からないから馬鹿なんだよ
だからね?キョウのちぃちゃんを
守る為に いろいろお願いしたいんだ」

「うん。ちぃのひぃだもん
お馬鹿な人嫌い」ギュッ
「ちぃのひぃとる人なんていらないもん」

ちさはプルプルしながら 俺に抱きつく力を
強めた 可愛すぎる…

「ちさ 俺はちさ以外いらない
誰に何を言われても 信じんなよ?
馬鹿は馬鹿すぎて考えが読めねぇからな?
何かあったら直ぐに言えよ?」

「うん。ちぃ ちゃんとひぃに言う」







0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する