天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

31挑戦 /響side

響side

「ちさを探せ」

今日は 頑張って学校に行ったちさだが
昼過ぎ 竜馬に犬から
ちさが居なくなったと連絡が来た
ちさは GPSなどは つけていない
いつも 学校から出る時などは
俺に必ず連絡を入れてくるからな
今日は それもない…

急いで各班に連絡を入れた
普段 言うことを聞いて必ず連絡を
入れてくるから油断していた…
出口に人を立たせておくんだった…

「犬は何してたんだ」

「トイレだって その隙に 水を買いに
行ったらしいが 誰もついて行かなかった
ちぃちゃんが 教室から出たのも
気がつかなかったんだ…」

「ちさに 何かあったら…
クラスごとなくなると思え」

ちさに何かあったら…
あのクラスの奴らは許さねぇ
ちさが俺に黙って学校から 出る事は
普通じゃ考えられないからな
教室から出て何かあったはずだ

「キョウ…組のも動かすか」

今日は 家の設計の最終確認で実家に来ていた
オヤジも電話が来て学校付近に人を送ったからな

「まだいい…ちさは
組の奴らの事は覚えてねぇからな
山下動かせるようしておけ」

「あぁ」

ちさは 迷子の達人だ…
家に向かったなら 学校から
うちの店の奴らが気がついて連絡が
入るはずだが 居なくなり
10分は たってもまだ入らねぇ
家じゃねぇな…

「学校に向かわせろ
誰かちさを見てるはずだ
口を割らないなら
親が責任を取るように手配させろ」

「はい…」

「会社の方に ちさの知ってる人間を
向かわせろ…ちさの足だ 早くねぇからな
学校から それぞれ探すよう指示を
ちさには緊急以外触れんな」

「はい すぐに連絡を」

「俺も 学校に行く 車出せ
組関係なら オヤジ覚悟しとけよ」

「…あぁ こっちも当たってみる」

ちさを巻き込むような組はいらねぇ
一応情報は 調べてるが
今は組関係は可能性は低い
特に俺のちさに 手を出す馬鹿な組は
ないはずだ…

「キョウ 車準備できた」

「あぁ 家はそれで構わない
基礎は始めろ」

「はい」

ちさを探さなければ
今日は 日差しが強い
日に焼け痛がってないか…
泣いてないか心配だな

「絢香たちも 外に出て探す…
校内は 探し終えたそうだ」

「あぁ… 犬と妹は
ちさが見つかり次第向かわせろ
狸女も一緒でも構わない
狸女は 学校で聞き込みさせろ」

「あぁ…」

「龍樹に連絡を
龍樹にも直ぐ向かえるよう伝えろ」

ちさ…すぐに見つけてやるからな…


0
  • しおりをはさむ
  • 934
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する