天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

32 ゴミ出現 /智沙side

智沙side

「…美味しい…」

クータングッズを選び終え
広間に戻り 今日はここで 晩御飯を
食べて帰る事になった
美味しい…

「ちさ よかったな
作り方聞いて帰るか?」

「うん!聞いて帰る!」

響さんにふぅふぅしてもらい
一口食べた謎の食べ物
すごく美味しい…

「ちぃちゃん それね
長芋と卵を合わせて焼いたよ
豆腐も混ぜたみたいだから
掛けてる餡は 和風だから
作りやすいのよ?
後で また紙に書いてもらうからね」

「うん!」

長芋さんに卵さん…
ふわふわしててすごく美味しい…

「豆腐にかけて 焼くのもいいけど
今日は ちぃちゃんが
一口で食べれるように 豆腐を
混ぜたのよ?
ちぃちゃんの好きに作ってね」

「うん!ステちゃんありがとう」

ステちゃんは いつも いろいろと
私の事を思ってくれてる
だから 大好きなお姉ちゃんなの

「ちさは ステレオが
気に入ってんだな?」

「うん!ステちゃん好き!
ひぃのお嫁さんになったらね?
ステちゃんとカカにひぃのお家の事
教えてもらうの!
ひぃのお嫁さんに早くなりたいなぁ」

響さんのお家の事は何もわからないから
ステちゃんやお母様に
教えてもらわなきゃいけない
不安だけど ステちゃんは
好きだから 楽しみなんだ

「ちさ…今すぐにでも
嫁になれるからな?」

「ひぃの奥さん…」ポッ

ギュッ「まじ可愛い…」

響さんの奥さんになる事を
想像したら 照れてしまった…
響さんに抱きしめてもらい
恥ずかしいから首筋に顔を隠す
響さんの奥さん…
いい!すごくいい!
早く奥さんになりたいなぁ

「…食事中なんだけどね?
ご飯食べさせて…」

響さんの首筋で 1人照れていたら
お兄ちゃんの声が…
しまった…みんな居たんだった…

「にぃに… ちぃ恥ずかしい…」

「ちぃ…可愛いから
ちぃは 大丈夫だからね?
だから ほら ご飯の時間だよ?
今日は いっぱい頑張ったから
ご褒美のプリンもあるから
ご飯は「ひぃ!プリン!
ちぃのプリンもあるって!」」

お兄ちゃんがプリンもあるって
ご飯は食べなくてもプリンが!

「ちぃ…ご飯食べなきゃ
プリンはないよ?」

「…にぃに…
ちぃ プリンがいいの…」

「ちぃ…ご飯は キョウの
赤ちゃんいつか産むために
ちゃんと食べなきゃダメだからな?
食べれるよな?」

響さんの赤ちゃん?

「ご飯食べなきゃ 赤ちゃんダメなの?」

「あぁ…ご飯食べて
身体をしっかり作らなきゃ
赤ちゃん来ないかもしれないだろ?
だから ご飯はちゃんと食べなきゃな?」

「…ちぃ がんばるもん!
ひぃ ご飯食べる!」

赤ちゃんは ご飯食べなきゃダメなのか…
もしかして…赤ちゃんいる人は
お腹大きいのって…
ご飯いっぱい食べたから?

「あぁ…」

「ちぃ ご飯いっぱい食べて
お腹大きくする!」

「…マジか…そっちに…」

お兄ちゃんが 何か言ってるけど
次は何食べようか悩むから
ほっておく事にした私
次は ごぼうだな…

「ひぃ ごぼうさん食べたい…」

「あぁ…ちさ?
無理は良くないからな?
食べれるだけでいいんだからな?
少しづつ量を増やすんだぞ?」

「うん!ひぃの赤ちゃんの為に
いっぱい食べてお腹大きくするからね?」

「…ちさ…」

0
  • しおりをはさむ
  • 934
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する