天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

32 ゴミ出現 /龍樹side

龍樹side

可愛いちぃが来て
キョウは落ち着いたが…
時計を買うだけの事で
未来の約束を 恥ずかしがることなく
交わす2人…
キョウは 会社を 譲るまで
言ってやがる…

ちぃに 働かないと生活出来ないと
言ってみたが…
ちぃは 俺の思ってる以上の
無知だった…

「ひぃが居ればいいもん」ギュッ

「ちさ…可愛いな
毎日 可愛いちさがいるんだ
仕事なんて無理だろ?」

2人で 貧乏生活を夢見ている様だ…
ちぃ…頼むから
もう少し いろいろ知ろうよ…
キョウだけ 飯食えるとか無いからね?
何でわかんないんだ…

「…おぃ…
完全に失敗だろ…
ちぃちゃんの可愛さに
もう辞める気になりやがった」

竜馬に突っ込まれたが
キョウは ちぃが可愛すぎて
仕事辞めたいオーラ出してる…

「悪りぃ…予想を超えた無知だった…
あと 予想以上に欲がない子だった…」

「…はぁ。」

「ちぃ?お金ないと いろいろ困るんだぞ?
ちぃ分かってるか?」

「お金ないの?
ちぃ 貯金あるよ?使う?」

ちぃ…俺にお金貸してくれんのか?って
ダメだろ…

「ちぃ…金は絶対人に貸したりしちゃ
ダメだからな?」

「…?にぃに… ちぃそこまで
馬鹿じゃないよ?
貸したりしないよ」ぷぅぅ

「…ちさ?可愛すぎるから
ダメだって言ったろ?」ギュッ

「にぃにがちぃを馬鹿にしたよ?
プンプンするでしょ?」

「ちさ?龍樹はな?
いつまでもちさが可愛いんだ
だからな?龍樹にその可愛いプンプンは
やめろよ?俺だけのもんだからな」

…キョウ…怒らすのもキョウだけって
事か?

「…ちぃ プンプンやめる」

「あぁ いい子だな」

ちぃは 頬を膨らませるのをやめたが
プンプンしてる…

「ちさ?怒るとかわいすぎるからな?」

新たな怒り方は
アヒル口か…
可愛いな…

「ちぃちゃん?龍樹に
お金貸してあげるんじゃないんだね?」

「うん?」コテン

ちぃに 話掛けた仁
ちぃは 意味がわからず お得意の
コテンをアヒル口でやりやがった

「…キョウ君…ちぃちゃんを
隠してくれるかな?」

「ちさ…」ギュッ「だから
ダメだって言ってるだろ?
ちさは可愛すぎるんだからな?
仁は残念な事に彼女いねぇからな?
ちさの可愛さは刺激が強いんだぞ?」

「…」

ちぃの可愛い仕草に仁はタジタジ
キョウに 抱きしめさせ
隠したが…あれ 直視はきついな…
当分 他の女が ブスにしか見えないだろうな

「ちぃ?にぃにに お金貸さないんだね?」

「うん にぃには 大事なにぃにだもん
あげるよ?」

「…そっちかよ…」

「…ちぃ?お金の貸し借りは
ダメだって知ってるのに
くれるの?」

「うん!にぃにだもん
パパとお母様と にぃにには
あげるの!ひぃは ちぃのものは
勝手に使っていいからね?」

うちの妹…かなり発想がすげーな

「ちぃ?そのお金どうしたの?
父さんからのお小遣い?」

「うぅん?ちぃが 貯めたんだよ?」

「は?」

0
  • しおりをはさむ
  • 952
  • 1300
/ 802ページ
このページを編集する