天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

34 お披露目 /仁side

仁side

「…警備を増やせ」

「あぁ もう連絡は入れてある
今日は ホテルに泊まってくれると
助かる…移動が減るからな」

朝 突然入った連絡…
ちぃちゃんを拉致って 輪姦すと言う内容
つい最近まで その辺で彷徨いていた面子が
昔の仲間に声を掛けられ
潤に相談し メンバーに加わったと言う事だ
何故 早月組の組員じゃなく
他の人間?
早月組の内部での計画なら
俺たちには まだバレないのに
わざわざ外に?
潤の話だと 組員が動けばバレる…
ばれた時の言い訳が難しくなるから
その辺の奴を金で雇ったらしい

キョウはちぃちゃんと離れた事で
機嫌が悪いのに こんな話は
更に悪くなんだからな…

「ちさは 泣くだろうな…
俺以外に触られたとなると…
最悪の事態に備えろ…
産婦人科医は女だ…全ての車に
ブランケットを積んでおけ」

「…あぁ」

最悪の事態に…
それだけは避けたい…ちぃちゃんには
辛すぎるだろ…

「…守に 媚薬を持たせました…
時間稼ぎに レアちゃんから
せがんだ方が 楽しいだろと
提案出来るように…
ない方がいいですか?」

「その薬の効き目は?」

「1番弱いです…でも 初めてですよね?
弱くても 個人差が…
もし レアちゃんからせがんだりしたら
レアちゃんが気にするんじゃ…」

「かまわねぇ…そこは 俺がなんとかする
薬飲まして ちさからせがませろ
薬なしでだと 痛いだろうからな…」

「……」

薬…確かに速攻ヤラれるよりは
時間稼ぎになるけど…
ちぃちゃんは キョウを大好きだからな
他の男に自ら望んでってなると
ちぃちゃんは キョウを裏切るように
思うだろな…
でも キョウから まさかの許しが…
薬なしだと痛い?
キョウのに慣れてるはずなのに?

「ちーちゃんって キョウので
慣れてないのか?まだ痛がるのか?」

…竜馬君…それ この面子の前で聞く?
龍樹いないから まだいいけどね…

「俺のは大丈夫だ…他のは無理だろ…
ちさは その辺のゴミとは違う
繊細なんだ…
ちゃんとしてやらなきゃ 痛いだろ?」

「あ…そうだね…ごめん…
普通に考えた俺が馬鹿だった」

…確かにね…ちぃちゃんの事を
大事に扱うキョウ君だもんね
きっと夜の営みも かなり大事に大事に
してあげてるんだね…
普通に考えた俺たちが馬鹿だったわ

「あぁ 馬鹿なのは知ってるから
気にすんな…で?
いつ狙うかは決めてないのか?」

「絢香さんと2人の時に…
エリさんは横谷組の娘ですからね
護身を習ってる分
時間がかかるので 2人の時に…」

「妹は 離れる予定はないだろう」

「はい… おそらく 3人の時に
レアちゃんだけか 絢香さんと2人か…」

「犬に 最後まで ちさを
守るよう 伝えろ」

「…絢香は もしちぃちゃんと
2人で拉致られたら…先に自分を
差し出すはずだ…」

竜馬が…絢香ちゃんは 中学の時に
輪姦れかけている…
助けたのが 竜馬との出会いだからな
トラウマになって 暫くは
他の男とは 話せなかった

「犬は 経験済みだからな…
ギリギリまで待つように伝えろ
ちさを助け出せば
犬も無事だからな
早々 差し出す必要はない」

経験済みって 未遂だから経験してないよ
まぁ キョウからしたら
触られた時点で もうアウトなんだろうな

「あぁ…」

「犬に ちさの気が可笑しくなってからだと
言っておけよ?ちさが シラフなら
犬が犠牲になって 耐えれる訳ねぇ」

ちぃちゃん…君 本当いい子だね
確かに 自分の所為だと責めそうだもんね
彼氏のキョウ君とは 大違いだ

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する