天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

34 お披露目 /理衣side

理衣side

今日は 日本で義理の弟のキョウ君が
仕掛けたデパートのオープン記念…
ちぃちゃんのお世話に呼び出され
わざわざやってきたけど…
急だった事と 仕事の関係で 到着が
昼過ぎになる
オープン記念のセレモニーには
間に合わず 遅れて 新しいデパートを
視察した…

外見は オシャレなものだったけど
中は シックな 高級感を感じる仕上がり
一つ一つ 中に入ってる店は
一階 二階と客層が変わりそうな配置
一階は 手頃な価格…ちぃちゃんの年齢の
子達が 好む様な店舗が入っていた
二階は 高額なお店…
ちぃちゃんの私服は前回見たときは
女子高生が着るには高すぎるブランドだったから
ちぃちゃんの好むブランドなんだろうな
別館は 下が食品や日用品
二階はメンズだった
このデパートに入るブランド全て
簡単には支店を出さない…
出すためには 利益を求めそれが望めるかを
じっくり考えてからだ
決まってからも 内装や置く品などを
また 案を出し合い 妥協なんてしない
それが この短期間に完璧に
仕上げている…
キョウ君…どんな手を使ったの?

「すげーな…俺 買い物 ここでしたいわ」

「私もよ…ショッピングに
海外に行く人居るけど…今その気持ちわかった」

「全部 ちぃちゃんのため…
あいつ どんな手使ったんだ…」

「気になるわよね…
脅しなんて 対してキョウ君の会社は
アパレル強く無いから
痛くもかゆくも無いはず…」

「そうだよな…しかもここは
emperorの方だ…日本にしか無いから
そこと契約結ぶとは思えない…」

どんな手を使ったのかしら…
お金を積んでも そう簡単には靡かない会社
それを…気になるわ

「明日 貸切だろ?
明日 買いにくるか…」

「そうね…そうしましょ!
今夜は 上限決めね!」

「あぁ 決めた方がいいな
こんだけ 入ってたら アホみたいに使っちまう
りかのも買ってやれ」

「そうするわ」

梨花は姉…
姉はかなりの倹約家…
サイズが私と一緒のため 私のお古を着てしまう
旦那様には いい物を買うけど…
たまに 私達から
プレゼントしてそれを 本当に
大切に着てくれるから
あげたくなるんだよね…

「梨花を 理衣も見習えよ?
先月の洋服代 俺見間違えたかと思ったわ」

「あら?愛する旦那様の為
綺麗にしたいじゃない?」

「…可愛いな理衣…」

「ふふ」

煇は 私の事が大好きだから
すぐ煇のだめって言えば許される
もちろん 嘘じゃないわよ?
神崎の次男は モテるからね…
兄弟の中で 1番モテる…
兄の博さんは 絵美里がずっと許嫁として
存在を公にしていた事と
絵美里の実家が邪魔を許さなかった
もちろん 神崎も…
キョウ君は 1番顔がいいけど…
性格ね…あの悪魔は まともに相手出来ない
その点 煇は 私の実家は大した事ないのと
神崎もほって置いたから
煇がモテる…
その彼の隣に相応しい様に
努力だけは ずっとしてきた
服も昔から沢山買えたわけじゃない
だから 自分でデザインし
作る様になった 姉は1番の理解者で
私の為に お小遣いで私の身につけるものを
買ってプレゼントしてくれたし
2人で 共有して服なども着ていたから
煇の嫁になれたのも
姉のおかげかもしれないわね

0
  • しおりをはさむ
  • 952
  • 1300
/ 802ページ
このページを編集する