天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

38 家族 /仁side

仁side

おぉっと 龍樹さん
お怒りですね…
本家に来た時 龍樹以上に
キョウが キレてたから
花子のおもちゃにする前に
ここの奴らのおもちゃになるかと
思ったけど …

ちぃちゃんに内緒で持している
盗聴器を聞いた俺たち…
流石ちぃちゃん ちぃちゃんの
独り言で キョウはみるみるお怒りモードから
ご機嫌モードに切り替わる…

ちぃちゃん…独り言って
目で見た事とか言う事もあるよ
そりゃね?考え事とか 呟きとかも…
でも ちぃちゃんの独り言ってねぇ…

普通 病院内を
ひぃはちぃの ちぃはひぃのとか…
ご機嫌で 言いながら 歩くかなぁ?
上手に買えたら ご褒美に
ギュウしてくれるよね?とかって
誰に聞いてんのかな?

キョウは 盗聴器のちぃちゃんの
独り言で悶えてるよ…
可愛すぎて 心配しちゃってるよ…
ちぃちゃん…入院中でよかったね
これ 家なら 確実に
襲われて明日もベッドから
出れないからね…

龍樹がキレてる最中 キョウを
竜馬を見ると 顔が呆れ顔だ…
何でだ?と視線の先を見ると
キョウが 完全に興味を無くし
タブレットを触ってる…
そぉっと近づき盗み見ると…
ちぃちゃんだらけ…
どうやら キョウはちぃちゃんの
写真を見てるらしい…
いつも一緒なのに 普通ここまで来てみるか?

「…見んなよ」

「…ははっ…」

盗み見た事をばれた…でも 隠そうともしない
みちゃダメなんじゃ無いのかよ

「ちさのベストショットみるか?」

「は?」

「ちさがこの間 丸まって寝てた
可愛いだろ」

キョウが見せてくれた…けどね
ちぃちゃんの丸くなり
布団に包まってる写真…
まぁ 可愛いけどね?
意外と俺たち ちぃちゃんの寝姿
毎日見るから 免疫できてんだよね
そこまで 可愛いって事も無い…
まぁ 普通に可愛いけどな?

「あっ…ありがとう?」

「ふっ。ちさは最近は丸まって寝るのが
好きなんだ 俺が居たら 丸まり腕枕より
脇に入ろうと可愛いんだ」

「…そっか…」

あれ?俺…何の罰ゲームうけてんの?
キョウの惚気ほど 胸焼けするもんねぇんだけど

「あぁ…ちさはな?
ひぃって寝言で言って 探し出す
見つからないと 泣きながら起きるんだ」

「へぇー」

「すぐに行くとな?
ひぃいたって笑顔でまたすぐ寝る
でもな?離れないように
服をしっかりとな?
あの手 やばいぐらい可愛いぞ?」

「そりゃ 可愛いねぇ…」

竜馬に助けを求め見るが 竜馬は
わざと視線をそらしている

この部屋なんなの?
1人は 泣きながら 龍樹に
復縁せまってるし
1人は 自分の嫁の可愛さを
語ってるし…
俺…悪い事したかな?
お祓い行こうかな…

「キョウ 悪かったな
もう いらねぇから 親は確か
サラリーマンだったはず
好きにしていい」

「終わったのか?
ゴミ 誰にそそのかされた?
龍樹が 早川ってのは 殆ど知られてねぇ
それを普通のサラリーマン家庭の
お前が知る訳ねぇはずだ
だれだ?」

キョウは まだ ちぃちゃんの
写真見てるよ…
ゴミを見るつもりは無いみたいだ

0
  • しおりをはさむ
  • 934
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する