天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

9 気づいた 気持ちを /仁side

仁side

昨日 あの子が帰って仕事を済ました。
元々 クラブに売り上げなど
仕事に行ったからな。

仕事が終わって
キョウが仕事用のスマホを出した。
うん?
仕事用のスマホなんてなってないのに
触ってるキョウ 初めて見た。

俺の向かいに座る竜馬も同じ気持ちか
はぁ?って顔で
キョウをみてる。

徐に スマホをタッチし聞こえてくる音は
呼び出しの音。

「俺の プライベートのスマホ
GPSで場所探し出せ。」カチッ ジュッ

突然 キョウがなにソファにもたれ
脚組んで タバコふかして
かっこつけてんだよ。
無駄に フェロモン流しすぎだ。

「無くしたのか?
どっちに 調べさせる?」

竜馬がスマホ片手に答える

「いや 持した。
ただ本人は知らないけどな」

って 何優しい顔して言ってんだよ。

「さっきのか」

「あぁ。 可愛すぎてヤベェな。
次会った時は もう手離さない。」

「…いや?キョウくん?
相手の気持ちってもんがあるって
知ってるかな?」

竜馬とのやり取りをまじかよと聞いていたら
次会った時はって…
流石に今の爆弾発言には
竜馬も引き気味に相手の気持ちってとか
聞いてるが

「あぁ、無理矢理は泣かすことになるからな
ちゃんと 監禁してやって惚れるのを待つさ。
見た感じ学生だ。
夏休みだし
いい時期だろ?」

え?今 監禁って聞こえたけど?うん?

「うん…キョウくん?
監禁犯罪って知ってるか?
監禁されたら大体の女は泣くぞ?」

竜馬 よく言った‼︎
別に犯罪って怖いわけじゃないが
好きな女を監禁って
どう言う考え方なんだ?

「はぁっ?監禁は泣くのか?
喜ぶんじゃねえのか?
今までのゴミは監禁してくださいとか
言ってたぞ?」

うん。キョウそのゴミって性欲処理の
女だよね?

「それは 金に目がくらむ馬鹿な女だけだ
あの子はきっと泣くぞ?」

そうだ!その通り。あの子は泣くぞ

「じゃぁどうすればいい?
他の男に取られてみろ?
監禁しとけばよかったと
なるの目に見えてんだろ。」

キョ〜ウ!だから 監禁は辞めてくれ

「さっさと落とせばいいだろ?」

「何処に?怪我したらどうする?
ってか 一緒に飛べばずっと 一緒に
入れるのか?」

え?イヤ!まさかまさかそんなわけ

「落とすって…下に落とすじゃねぇぞ?
ちなみに飛ぶって彼女の人生勝手に
奪うなよ?」

イヤだ。竜馬 俺もお前と同じ意見だけどさ
キョウはまさかそこまで恋愛下手なわけ
ないよ?

「違うのか?
どうすれば 落ちるんだ?」

…。
誰か 本物のキョウを見かけませんでしたか?

「とりあえず 思いのまま
気持ち伝えたらどうだ?」

「…。」

「好きとか言葉にしないと伝わらない。
特にあぁ言うタイプの子って
気がつきにくそうだからな。
ちゃんと伝えろ」

キョウが 黙って竜馬の
恋愛講座受けてる。

レアな光景だな。

0
  • しおりをはさむ
  • 934
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する