天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

10 気持ちを伝えて /竜馬side

竜馬side

感動の再会を 果たした2人
昨日会ったばっかだけどな
キョウくん
逢いたかったって昨日会ってるからな
はぁ。
あの子も応えるようにシャツ握ってるし。
ってか 君たち 昨日会ったばっかでしょ?
何だ?その 2人はいつもの一緒
それが当たり前みたいな雰囲気は。
絢香と俺は 3年付き合ってるが
そこまでしねぇぞ?
苦笑いしかでねぇ2人の再会。
周りみろよ?固まってんじゃん
絢香のあんな顔 俺初めて見たわ
とりあえず 部屋に戻るらしいから
絢香も連れてく。絢香のそばに行き
他の女に連れてきてくれて
ありがとう と一応礼を言っておく。
仁も同じように礼してるしな

「随分 俺以外の男みてんじゃん
今夜 再教育だな。」

絢香の耳もとで小声で言う
その瞬間 絢香は
真っ青になり再び固まる
絢香は いつまでたっても
俺に抱かれるのを
恥ずかしがる。
黙って合コンに行ったときや
ナンパされた時などは
お仕置きと俺の命令に
背かないよう再教育を夜行う。
言い方が 違うだけで
俺が抱き崩すだけだが
絢香はそれが苦手らしい。
やってる内容 同じだけど
ご褒美は 好きみたいだ。
ご褒美も 再教育も お仕置きも
同じことをする。
でも ご褒美だと嬉しそうにする
俺には 理解できないが
この 違いで表情が変わる絢香を
みるのは好きだ。


男3人 部屋の外に出て
女3人が 中で智沙ちゃんに
キョウに対しての気持ちに
気づかせようとするらしい。

「車用意しろ。」

キョウが外に出ると同時に
仁に告げた。

「あぁ。あと なんかいるか?」

「特にねぇ。」

キョウは 扉を見つめている

「キョウの部屋?」

「いや 俺のマンション
これから先ずっと一緒だからな
新居に馴染んだ方がいいだろ?」

キョウが 当たり前の様に言う。
キョウはマンションなどは幾つかある。
先週出来たばっかのマンションを
一棟まるごと購入した。
五階建てのマンション。
作りが気に入ったらしく即買い
珍しく俺たちには合鍵はくれなかった
新居にすんなら合鍵は
渡せないか。
家具もすぐに運び込まれた。
家具はきっと智沙ちゃんを
イメージして揃えたな。

特注サイズのベッド。
普段 絶対人と寝ないキョウ
無駄にでかいと思ったが
一緒に寝るつもりか。

チェスト
真っ白で男が使うのどうよ?
レベルの可愛さだった。

キッチン用品
料理出来ないのにいるか?
大きい冷蔵庫。
普段家では食べないのに
何入れるんだよ?
鍋とか フライパンとかも
しっかり揃えていたが
皿だけは 二枚づつ。
フッ。
柄にもなく智沙ちゃんとの生活を
夢みて揃えたなってか良く考えたら

「いつ あの智沙ちゃんに出会った?」

昨日会ったはずの智沙ちゃん。
なぜその前に生活を夢見れた?

「7月2日 街路樹で 俺の 通勤車に
目が行ったんだろうな。
車の中から ちさを見つけた。
ってか その呼び方 辞めろ。
俺以外に ちさって 呼ぶのは 嫌だ。」

「ちぃちゃん?」

「あぁ それならいい。」

一目惚れって 昨日じゃないのか。
って 言うか呼び名こだわんのか?

「もしかして ひびきって
特別な女だけに呼ばしたかったのか?」

「いや。 ゴミ達に呼ばれたくなかっただけだ
男なら構わないが 男らが呼ぶとゴミ達も
呼び始めるだろ?だから
呼ばしたくないだけだ。
ちさなら構わない。」

キョウ…
どんだけ ちぃちゃんが好きなの。
絢香 頑張ってちぃちゃんに
自覚させてやってくれ
いや自覚なくて 一層の事
洗脳で構わない
キョウの初恋が 実ればいい
洗脳でキョウから離れないように
してくれた方が ありがたいかもしれないな

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する