天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

42クリスマス /智沙side

智沙side

「これどうかな?」

「あぁ いいかもな…
でも 犬は使えないだろ…」

夕方 響さんとクリスマス会に
持っていくプレゼント選び
デートだよね?
可愛い物を探していたら
調理用品で 可愛いのを見つけた
でも 確かにあーちゃんは料理は
しないんだった…

「そっか…じゃぁ 違うのにする」

「ちさが欲しいなら買えばいい」

「可愛いけど いらない…
重たいもん」

持ってみたけど重たい…

「なら ダメだな
手を痛める」

「…あっ!コレは?」

「あぁ それなら 誰でもの使えるな」

可愛い…写真がたくさん飾れる

「これにする!」

これなら みんな好きな写真飾れるし
それぞれの好みで 組み立てれる
あとは…

「あと もふもふのブランケットも
欲しいの…」

「…ちさ だからな?
可愛すぎるからな?買いに行くか
とりあえず ここのは
プレゼントにしてもらおうな」

「うん!」

「おぃっ!これを 可愛く
包んでくれ」

「はい」

響さんに言われても店員さんが
この店員さんは 響さんに
ビクビクしてるから
取らないよね?

「ひぃ」ギュッ

「…ちさ 大丈夫だからな?
急げ ちさが不安に何だろうが」

「はぃっ!すぐに」

「ひぃ ちぃだけだからね?」

「当たり前だろ?ちさ
可愛いな…そんな可愛く嫉妬するな」

「…してないもん」

「そうか ならそうしとくな」

響さんにばれた…
すぐに 私がヤキモチ妬くのばれちゃう

「ひぃ ずるい…ちぃが
ヤキモチさんなの知ってるくせに…」

「あぁ 仕方ない
ちさが可愛いからな」ギュッ
「機嫌なおせ」

「…じゃぁ チュウして?」

「…ちさ あんまり可愛すぎると
デート中止になんぞ?」

「…」ギュッ「チュウ!」

「…」チュッ「帰るか?」

「やだ ひぃとデートだもん」

キスをしてもらえたから
デートの続きやるんだもん
今ので きっとさっきの店員さんも
響さんとラブラブなの見て
取ったりしようなんて
思わないよね
私って悪い子ね ふふっ

「ちさ 可愛いな」チュッ

「ちぃのひぃだもん」

「あぁ ちさの俺だな
ちさ 次は もふもふ見たら
仁や竜馬にクリスマスプレゼントを
やる事にしたから
一緒に見に行こうな?
潤にも買うつもりだから」

「うん! ふふっ ちぃ 奥さんっぽい!
旦那様のプレゼント選びに付き合うなんて
奥さんっぽいね!」

「ぽいじゃなくて 奥さんだろ
まぁ 可愛いから いいけどな」

旦那様の大事な人にあげるものを
一緒に選びに行くなんて
奥さんっぽい

「でも プレゼントに
鞄買ったよ?ダメだった?」

「いや それは ちさからだろ?
俺からもやる事にしたんだ」

「そっか ならよかった。
ダメだったかと思った」

「ちさが選んだんだ
それだけでもいいんだけどな?
今までも あげたことないし
これからも 俺のちさが
世話になると思うと 一度ぐらい
何か気持ち程度は あげておきたいからな
結婚した今年が 一番ベストだろうと
思ったんだ 内祝いも大したもんあげてねぇしな」

「ひぃ 優しいね
でも ちぃのひぃだもん」

「ふっ。そうだな ちさのだからな
ちさを 認めてちさを大切にしてくれてる
それぐらいは やっておきたいからな」

「うん ちぃも 一緒に選ぶ」

響さんは 優しい…

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する