天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

43 里帰り /龍樹side

龍樹side

目の前には怯えて震えるちぃが
何度かちぃが怖がって震えるところは
見たことがあるけど…
ちぃの大好きなキョウの腕の中で
ここまで震えてるのは見たことない…
キョウが居なければ きっと
涙を流して小さくなるんだろうな…
そっと あらかじめ用意しておいた
キョウの香り付きのブランケットを
かけてやる
キョウが それでちぃを包み
頭を撫でながら キスを落とした

ようやく落ち着いたちぃ…
でも キョウの服が不自然だ
ちぃがキョウの服を強く握ってるんだろうな…

昨日 突然キョウから 明日 お母様たちの
所へ行くと連絡があった
母さんやオヤジも暇だから
一緒に行く事になり
支度を急いだけど 約束の時間を
少し遅れてしまった…
急いで向かった先には
外人が ちぃとキョウの側に
立っていた
ちぃを嘘つき呼ばわりして
親友だと言い張る女に
苛立ちを覚え 2人の側に行くよりも先に
父さんへ 連絡を
スキットって 聞こえ女の顔を見ると
あそこの我が儘娘だった
こいつは ちぃが小学校に通っていた頃
同じクラスだったな…
ちぃのいじめがわかり 殆ど潰れたが
スキットだけは 間逃れた
担任が こいつはいじめなかったと言ったから
でも ちぃの怯え具合じゃ
それが嘘だったんだとわかる

《どうした?夜じゃないのか?》

「ちぃが今 スキットの我が儘娘に
嘘つきと言われたんだ」

《ちぃが?》

「あぁ 親友だったってのも
聞こえたけど…」

《ちぃは?》

「キョウがついてるけど
震えてる…キョウが居なきゃ
泣いてそうだな」

《わかった また後でな?》

父さんに連絡を
今すぐ何らかの制裁が入るはず
キョウは珍しく俺がいる事にも
気がつかない…
普段は 周りを気にしないと言われているが
実は誰よりも周りを見ている
面子などで大丈夫なら
気にしないふりをしてるだけ
実際は 俺たちが居ると
何らかのアイコンタクトがある
それが今はない…
相当 ムカついてんだろうな
スマホを取り出し電話を
仁か竜馬だろうけどもう うちの
優秀なパパが何らかの制裁を開始してると思うよ
スキットは うちとは全く関わりがないから
すぐに手を出せる
キョウが俺に気づいた…
あら?ちょっと怒ってんな…
まぁ ちぃの事で早川出しちゃったからかな?

ちぃを連れてemperorが管理する
ラウンジへ
ここはキョウや面子の一部しか入れない
だから 俺たちが来るのを一般のラウンジで
待ってたんだけどね
ちぃは キョウに抱っこされて
あの女から 離れても震えてる
可哀想に…

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する