天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

45 結婚式 /智沙パパside

智沙パパside

ついに 俺の可愛いちぃは
花嫁に…まぁ 入籍しているから
今更なのかもしれないけど…
それでも やはり ウェディングドレスを
着たちぃを見ると 嫁にいったんだと
実感がわく…

ちぃは キョウ君と微笑み合っては
照れている…
神父は マリアの父親だ
一度もちぃには あった事がない
ちぃの事を考え 一度もちぃに
会いに来なかったが写真は
たまに 催促されて
渡していた…
初めて近くでみる孫娘に
あの強面も顔が緩んでいる…
マリアから ちぃにへと
最初で最期のプレゼントになるのか?
真珠のイヤリングは
マリアが彼から貰ったものだ
まさか 初めて見る孫が そのイヤリングを
つけて居るとは思わないよな…
「これは パパから貰ったのよ
ちぃちゃんが 将来結婚式を
挙げる時に 付けてもらいたいから
私がパパに貰った宝物を可愛い娘の
ちぃちゃんに あげるの」
そうやって マリアがちぃにと手紙と一緒に
大事にしまっていたんだ
マリアが生きていれば マリアから
渡してやれたが 今は居ない
マリアのかわりはマリアの様に
ちぃを愛してくれている 母親たちだ
ちょうどふたつあるから
片耳づつ 付けてやってほしいと
頼んでおいた
マリア… 見てるだろ?
俺たちの娘は こんなにも
可愛く育ち あんなにも幸せそうに
笑うんだぞ?

「誓います」

ちぃの誓い…
その言葉を聞いた瞬間
マリアが隣にいる様に思えた
見に来たのか…
マリアは 俺の事が好きで仕方なかったのに
ちぃが産まれたらちぃが
可愛くて仕方なくなり
俺を放ったらかしにしたけど
まさか 結婚式を見に来たくせに
夫である俺になにもなしか?
何て マリアへの不満を心の中で
言っていた
ちぃの誓いのキス…
マリアからのキスを思い出した…
そうだったな マリアは
人の結婚式に出ると必ず
誓いのキスの時は
キスをしてくるんだったな
きっと 今もしたな…
まだまだ マリアの元へは行けないけど
マリアは 待っていてくれるよな?
待たせすぎ!って
ちぃみたいに可愛く怒るんだろうな
目の前で 幸せそうに キョウ君に甘えるちぃを
見ながら 当分マリアの元へは
行けないと謝っておいた
隣を見ると 妻が泣いてるしね
こいつも幸せにしてやりたいしな


「…いい式だな」

「えぇ…」

滅多に見せる事のない涙を
拭いてやる

「ちぃは 幸せだな」

「当たり前です」

泣いてたくせに
当たり前ですと怒る妻…
そんなところは ちぃに似たのか
ちぃが似たのか…

「そうだな」

血は繋がらないが
本当の親子だと思えるのは
たまに似ているからだな


0
  • しおりをはさむ
  • 934
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する