天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

47 バレンタイン /潤side

潤side

今日は日曜だけど
仕事になり 朝だけ仕事だ
もうすぐ バレンタインだから
レアちゃんは キョウさんに
プレゼント選びに
今 あき達と出かけている

「…終わったな」

以前からアンジュの隣の空き地に
分館を立てる手配になっていたが
急ピッチで 話が持ち上がり
材料などの発注のために今日 出勤に
まぁ いろんな調査や審査はすでにクリアして
あとは 発注だけだったけど

「はい」

「まだ 昼まで時間があるから
違う仕事するか…」

「はい」

「仁何かあるか?」

「いや 別にないかなぁ…」

最近は レアちゃんが居るからか
社長の仕事がめちゃめちゃ早い
俺たちの分までやる社長…
秘書いらないような気もする
やはり 仕事はないらしい
さっき 届いたあきから
来たメールを見る

「…キョウさん?」

「何んだ?」

「つかぬ事をお聞きしますが
レアちゃんの事で 隠し事は?」

「ちさの?可愛すぎるのは
隠しきれてないだろ?…
ちさの感じるとことかは
言う必要「違います!」なら
なんだ?」

「今 あきからメールが」

「あぁ どうした?」

「文のまま 読みます」

「あぁ」

「うーちゃんがりんごジュースに
フライドポテトをたべてるよ
一応ノンフライだけどって」

「…潤?ちぃちゃんが?」

「はい」

レアちゃんは お水かバナナジュースしか
飲まないはずが りんごジュース
ポテトなどノンフライでも
揚げ物は好まない
今日のメンバーは レアちゃんの
親衛隊並みだ
勝手に何かを食べさせることはない
むしろ昼前に食べさせない
それなのに食べてるって事は
本人が望んだ事か…

「…キョウ?隠し事してない?」

「…たぶんな?妊娠してる」

「…」

やっぱり?レアちゃんの
食事の変化はおかしすぎる
りんごジュースだけだと
たまたまか?と…やっぱ違和感あるけど
ポテトだぞ?隠せないだろ
キョウさん そんな大事な事をよく黙って
ましたね…

「本人は?」

「全く気付いていないんだよ」

年明けから キョウさんは
タバコも完全に止めている
薬を昼に飲ましていたから
気がつかなかった…って

「キョウさん?昼の薬って」

「葉酸だ ネットで調べたら
飲ませるといいらしいからな」

「うわ…イクメンパパかよ」

仁さん顔引きつってますよ

「ちさが気づかないうちは
黙っておくつもりだったんだけどな?
検査もまだだからな」

「いつ気がついた?」

「ちさの1月の生理がこなかったからな
そこでな?あと身体も変化がでてる」

「ピルは?」

「向こうに帰った時に
忘れてたからな 気付いのが遅かった
そうなりゃ やるまでだろ?」

「…いやいや 普通自粛するよ?」

キョウさん…当たり前に
言ってますけど 仁さんの言うように
普通は 控えますからね?
キョウさんが子どもを欲しがっていたなら
わかりますけど 当分 いらない感じでしたよね
なに どさくさに紛れてちゃっかり
仕事してるんですか…

「ちぃちゃんが気付く?」

「ちさは食べつわりだ
もともとそんなに食べないからな
今も ちょこちょこと
何かを食べて 普通に過ごしてる
気付くのは 遅いと思うぞ」

「いやでも受診は?」

「再来週ちさの定期健診だ
そこでな?まぁ ばれないようにする」

どんだけレアちゃんについて
この人詳しいんですか?
ってか 定期健診なら そこで
バラしていいんじゃないですか?

「いっそうばらそうよ」

「まだ 安定期とは 呼びにくいらしい
だから もしちさが気付き
ダメになったら?ちさが可哀想すぎるだろ
知らなきゃ悲しまない」

普通 安定期までは 他人にバラさない人
多いですけど 本人に言わないとか聞いた事ない
むしろ 気付いたキョウさんすげーな
葉酸まで飲ませるとか…
まじ尊敬するわ


0
  • しおりをはさむ
  • 932
  • 1288
/ 802ページ
このページを編集する