天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

48 異変 /響side

響side

「お昼寝の時間か?」

「あぁ」

ちさはクリスマス後に
無事妊娠したが 本人は気付いていない
知らないうちに
うまくつわりを乗り越えてきている
食べ悪阻だった事もあり
一口食べては 落ち着き
普通に過ごしている
妊娠した時に備え 数や花を
うちで正式に雇った
ネットで調べ 葉酸とやらを取るのがいいと
分かり 一番良さそうなものを 昼に
飲ましている
ここまで 気が付かないちさは
流石だと思うが 寝る回数や
トイレへ行く回数などが増えた
胸も 本人は今日気が付いたが
少し前から 色が変わり始めていた
まぁ その変化が愛しくて
無茶をさせたが…
妊娠中のセックスは調べてない
もしダメなら凹むからな…
仕方ない ちさが可愛すぎるから

「珍しいな?昼寝 見てないの」

「ちょっと問題が発生した」

「?仕事?」

仁や潤の所へきたら 竜馬もいた

「いや ちさだ」

「どうした?可愛すぎて 襲いたくなるとか?」

「襲いたくなるなら
襲ってるから大丈夫だ」

そんなもん問題でも何でもない
むしろそのために 調べてないんだからな

「まて?話によれば
妊娠中だろ?控えろよ」

「無理だ 可愛すぎるからな」

「…キョウって
淡白だと聞いてたし
思ってたんだけど」

「ちさ以外は無理だからな
ちさ以外には無能だろうな」

断言できる
ちさ以外は 今じゃゴミにしか
見えないからな

「…で?悩みって何だよ」

「ちさが 乳房の色が変わった事に
気づきだした…あと腹も…」

「…なら そろそろか?」

「いや 全くな…朝から
泣きそうになるんだよ
可哀想だろ?ちさが 驚かないように
自分で気付くようにしてやりたい
何かないのか?」

「…ないだろ」

「絢香に妊娠の話をさせるとか?」

「…それじゃぁ 俺がいないだろ
ちさの可愛い驚きをみたい」

「欲張りだろ」

「お前 犬が その辺で 妊娠に
気付いて お前には事後報告でも
いいのか?」

「…なんか その言い方だと
ムカつくな」

「だろ?一度のことだぞ?
逃すことなく見ておきたい
むしろ…隠しカメラつける」

「やめようね?」

「隠し撮りか?」

「嫌われんぞ」

「…盗み撮りだな」

「キョウさん キョウさんだけの
心のカメラに収めてください」

「あ…そうだな
あの可愛い顔を 他人に
見せるのも嫌だからな
潤 お前流石だ」

確かに いつでも思い出せるしな
他人に見られるリスクもへる

「ナイス潤」

「…はぃ」

「で 何かないのか?」

ちさが俺の前で気がつく方法…

「ないな テレビでも見せれば?
たまには 芸能人が 妊娠とか
やんじゃねぇの?」

「そうか 昼はここで食う
テレビつけろ」

「…はいはい」

テレビか…最近は
部屋でもテレビは見なかったからな
これから 少しは見ることにするか


0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する