天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

響side

「いただきます」

「ちぃちゃん 水?」

昼飯にちさを起こし テレビがある
仁たちの部屋で飯を
ちさが 朝から花と一緒に作る
今日は 唐揚げか
ちさのは 小さな唐揚げに
大量のブロッコリー…
あとは お気に入りの胚芽米

「うん」

ちさは お腹が空きすぎてるらしく
すぐにブロッコリーを
ブロッコリーは レモンを使った
数の特製ドレッシング
よく知らないがカロリーが
抑えられていていいらしい

「あっ テレビ見よっか」

「?」コテン

箸を口に咥えてのコテン…
最高だな…毎回 見たくなるな

「たまには 情報収集的な?」

「そうなんですよ
ちぃちゃん あきが学生で
俺 働いてるので なかなかテレビ見れなくて
話のネタ集めに 昼間に
テレビをたまには見ようとおもって」

「なら 見ないとね?」

仁や竜馬は だめだな
うまくちさを 誘導出来てないな
潤は 自分と奇跡を持ち出した
上手いな…

【今回は 出産についてです】

「潤さん 出産は
関係ないんじゃないの?」

「あっ!そうだね
でも 気になるよね?」

「…そっか なら見なきゃ」

ちさは 気にも留めずに食べだした
まさか つけたテレビが
出産の特集って…
仁や竜馬も驚いてる

【まずは 出産までに
妊娠の流れについて おさらいしましょう】

むしろおさらいより
しっかりやってくれよな

【まずは 一ヶ月目この時期は …】

とりあえず 男共はみな
見てしまう…テレビではなく
ちさをだ…
全く気付かないちさが可愛い

【二ヶ月目 この頃は早い人はつわりが始まります
他にも …】

気が付かないちさ
いつ気がつくんだ?

【三ヶ月目 身体に変化が現れます
乳頭が黒っぽくなり…】

「え?」

ちさがやっと反応しテレビを見た
テレビは 出来がいい番組だな
各時期の 特徴が全てテロップになり
映し出されてる…
ちさは 可愛い目をだんだん
大きくしながら 手を口に当てた
やばい 可愛いすぎる
仁と竜馬は スマホを片手に
ちさにむけている
潤はいつの間にか ビデオを…

「…」

「ひぃ…ひぃ…」

ギュッ「ちさ?」

「ちぃ 赤ちゃん…」ヒクッ
「赤ちゃん出来たかも」

「ちさ…本当か?ありがとうちさ」

嬉し泣きだな
笑顔で 涙を流すちさ
こんなにも 愛しいちさに
俺の子が…

「ひぃ 産みたい」

「当たり前だろ?産んでほしい」

「うん!」ギュッ「ひぃ ありがとう」

そう言って笑うちさの笑顔
今までで一番可愛く愛しく見えた

「ちさ 病院に行こうか?」

「うん…頑張る」

「ちさ?頑張る必要はないんだ
端山の嫁が見てくれるからな?
怖くないだろ?」

「うん 」

ちさは 端山の嫁だけなら
大丈夫だからな

「ちぃちゃん…
わかるまでは 言わないほうがいいのかな?
でも おめでとう」

「おめでとうちぃちゃん」

「おめでとうございます」

「…ありがとう わかったら
ちゃんと報告するね?」

「楽しみにしてる」

もうじき…あと二週間もすれば
安定期に入る予定だ
ちさに気付かせてしまったからには
無事に産まれてきて欲しい

「今日は もう仕事どころじゃないし
病院に行ってきなよ」

「あぁ 飯食ったらいこうな?」

「うん!」

ちさは 少し早いがちょっとだけでた
腹に手をあててる
その仕草も可愛いな


0
  • しおりをはさむ
  • 952
  • 1301
/ 802ページ
このページを編集する