天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

52 新居 /智沙side

智沙side

「やっくんのごはん
ななちゃんたちと同じぐらいおいしいの」

今日は お母さんやお父さんに
お兄ちゃんが遊びに来た
来てすぐに
ご飯とお昼寝の時間だったから
お昼寝から起きた今から
お話の時間に

「そうか
ちぃちゃん よかったね」

「うん お父さん
たくさん食べてね」

お昼と夜ご飯は一緒に食べる
夜は 仁さんや竜馬さんも来て
また バーベキューをするって
言ってた…飽きないのか聞いたら
お肉が好きだから 飽きないみたい

「あぁ 夜は バーベキューだろ?
なかなかしないから
楽しみだ」

「バーベキュー 何か
食べたいものがあれば
まだ時間もあるからな
買いに行かせるが」

「肉だ肉!肉があればそれでいい」

「あなた もう歳なんですから
お肉より野菜です」

「せっかくなんだ
たまにはいいだろ」

「もう そう言って毎週 お肉ばかり
太っても知りませんからね」

お母さんは怒りながら
笑ってる

「肉は 若い奴らが居るし
今日は竜馬もくるから かなり用意した
魚介は?」

「ひぃ ちぃ とうもろこし食べたい」

「あぁ 言っておくな」

「うん」

「そうね ちぃちゃん エビは?」

「ちぃ とうもろこし」

「ふふっ 本当可愛いんだから
とうもろこしね」

「うん」

とうもろこし食べたい
エビは先週たべたから

「ちさ 他は?」

「…!玉ねぎ」

玉ねぎも…甘いのが食べたいなぁ

「ちぃ?他は」

「他?…ない」

特に思いつかない…

「ちぃちゃん お昼ご飯できたよ」

「やった!今日はフカヒレスープなの」

「フカヒレ?」

「あぁ ちさがはまってんだ
本物は無理だけど
本物よりも好きらしくてな」

本物のフカヒレスープより
おいしい偽物フカヒレスープ
えのきの日や春雨の日
いろいろある
多分スープが好きなんだと思う

「そうなの?作り方聞こうかしら」

「後で メモに書きますね」

「よろしくね」

今日は お昼も沢山あるから
テーブルにいっぱいのってる
こんなに 食べ切れるのかな…

「多くないか?」

「取り分けなので
余ったのは あいつらの飯に
追加するんですよ」

「そうか 食べ切れって言われたら
竜馬呼ぶとこだった」

お兄ちゃんも多いと思ったみたい
でも 本当多いな

「うちの若いのは食べるんで
作り甲斐あるんですよね
こうやって 作っても 食べ終わるんです」

たまにみんなと夜ご飯食べるけど
本当 沢山食べるからね
見てると お皿からなくなるのが楽しくなる

「さぁ お食べください」

「あぁ ちさ ご挨拶は?」

「いただきます」

「「「いただきます」」」

みんなで ちゃんと挨拶してから
食事をスタート
大好きな フカヒレスープ
ふふっおいしい

0
  • しおりをはさむ
  • 952
  • 1300
/ 802ページ
このページを編集する