天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

53 誕生 /智沙side

智沙side

今日は 名前が決定した
女の子の名前と 男の子の名前
呼んでみたら 男の子の名前で
反応した赤ちゃんたち
下にいる子が 彰に反応し
キック 上の子が 修にキックしたの
いつもよりも 少し蹴り方が弱い気がしたけど
浮かれていて 気に留めなかった
お昼寝をいつものように
していたら 急にお腹が痛い…
背中も痛い気がする
響さんが 異変に気がついて
時間をみてくれた
そうだった… この前の教室で
痛みを感じたら 時計で時間を
図るように言われたんだった…

シャワーを浴びてるときは
痛くなかったけど 身体を拭いていたら
また… いつもは こんなに
続けて痛くないから
きっとこれは 陣痛ってやつだね

今のところ 異常もなくて
赤ちゃんたちも しっかり育ってるから
自然分娩を したかったけど
赤ちゃんたちに 何かあったら
帝王切開ってやつにかわる
この際 無事に産まれてくれるなら
どんな方法でも いいかもしれない

仁さんや 竜馬さんに
挨拶をして 車に乗り込んだ

お母様は 間に合うかな…
赤ちゃんたち 抱っこして欲しいから
間に合って欲しいな
立ち上い出産は 響さんは
もちろんだけど お母様も一緒にって
思っていたけど 無理なら
諦めるんだ
だって 赤ちゃんたちに早く会いたいもん

「ちさ 大丈夫か」

「うん ちぃ まだ大丈夫」

念のために お腹が痛くなったら
病院に行く事になってるけど
他の妊婦さんたちは もっと間隔が
狭くなってからだもんね
まだまだ 私は大丈夫そうだな

「ちぃが ついにママかぁ
ちぃ?お祝いは何がいい?」

「ちぃは お祝いは赤ちゃんたちだから
いらないんだよ?
赤ちゃんたちが 無事に
産まれてきてくれたら
すっごいプレゼントだもん」

赤ちゃんたちの誕生が
何よりのプレゼントだよね?

「ちぃ…いい子だ」

「でも 貰えるなら…」

「なに?」

「ひぃに抱っこしてギュッってしてもらって
寝たいの」

ずっと無理だったから
前から抱きしめて眠りたいなぁ

「ちぃ…それ にぃにに
どうしろって事かな?」

「邪魔しないでね」

「…あれ?にぃにのいい子は
いつの間に冷たい子に」

「ちぃ 寒くないよ?」

手先とかも冷たくないし
おかしいなぁ…

「龍樹 邪魔すんなよ」

「ひぃ パパになっても
ちぃのひぃだからね?」

「当たり前だろ?」

赤ちゃんたちのパパになるけど
私の響さんでいて欲しいな

  • しおりをはさむ
  • 964
  • 1314
/ 802ページ
このページを編集する