天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

54 日常 /智沙side

智沙side

「どうかな?」

やっと 受付のお姉さんたちから
聞いた事を元に 新たな企画を
纏め終わったのは2週間もかかった
託児所に 空きを確認したり
お昼休憩で 使える時間を
調べたりと いろいろ時間がかかっちゃったから
もうすぐ 6月だから
夏休みの終わりには
開催できればいいなぁ

「あぁ…よく調べたな」

「まだ 足りないかな?
流石に 妊婦さんとかの
人数は調べれなくて…」

「十分だ」

「…お部屋 足りるかな?」

「あぁ 調理室などは
元々 食堂だった階を使えばいい
ベビービクスやベビーマッサージは
託児所の上が空いてるからな」

「…必要な 機材は調べてないの」

「あぁ それは仕方ないだろ?
調べる許可は取ってない
ちさ おいで」

響さんの お膝に座ってみる
頑張って 書類にしたけど
何が必要かとかは
わからなかった…

「ひぃ」

ギュッ「頑張ったな
あとは 引き継がせるから
ちさは 十分調べたりできたろ?
機材とかは 担当が予算で
しっかりやる
でも こうやって 受付の奴らの
意見とかは
聞いたりはしないから
ちさは いい所に目をつけたな?
託児所の空きも 調べる事なく済む」

「うん」ギュッ「ひぃ
ひぃの会社素敵になるかな?」

「あぁ ちさのおかげで
もっと いい会社になる
少子化対策にもいいからな」

「うん」

よかったぁ 全部は無理でも
1つぐらいは…

「ちさ?この宅配ってのは?」

「マッキーもお買い物して
帰ってたでしょ?みんな帰りに
足りないものをお買い物して帰るの
なら ここに宅配で 持ってきて貰えば
買いに行かなくて済むし…
楽でしょ?お買い物の時間は
お家に帰ってから 少しゆっくりできるし 」

お買い物の宅配サービス
トラブも やってるから
纏めて注文すれば 纏めて持ってこれる
一軒一軒回らなくても
いいと思うんだよね

「…後で仁に見てもらおうな?」

「うん」

「ちさ おりこうだな
昼寝の時間だから ベッドに
行こうな?」

「うん」

毎日じゃないけど
まだ お昼寝をしちゃう私
ママになったから お昼寝の
回数も減らしたの
2日に一回ぐらいに
たまに 毎日寝ちゃうけど…
仕方ないよね?習慣だもん

「ちさ おやすみ」

「ひぃ おやすみなさい」

お昼寝は 基本 ベッドで
妊娠中に 抱っこじゃなくなり
少しだけ 慣れたから
私が寝たら 響さんは
お仕事に戻る様にもなった
その代わり 帰りが早くなる

響さんに寝付くまで抱き締めてもらい
背中をトントン
すぐに寝れちゃうのも
習慣だから 仕方ないと思う…

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する