天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

54 日常 /智沙side

智沙side

本家でみた資料に
うーたんの個展の情報が…
車で 少しかかるみたいだけど
行きたい!
車の中は 響さんを
独り占め
家だと 彰君に修君が居るから
昨日今日と響さん不足中
今日はいっぱい独り占めするんだもん

個展のある建物は小さいけど
うーたんらしい
無理せず 身の丈にあった事をするのは
変わらないなぁ

うーたんとの出会いは
小さい頃
幼稚園の先生にお絵かきをしたのを
怒られた時…
お庭にある 1番綺麗なお花を描いたのに
悲しくて 泣いていた私の絵を
パパが その辺で絵を描いてる人に
見せたの…それがうーたんだった

うーたんは 美大生らしいけど
子どもの私は美大生が分からず
お絵かきのプロになるんだよとパパに
聞いてうーたんのスケッチブックを
見せてもらうのが好きだったんだ
うーたんは 私の絵をみて
上手だよ?と褒めてくれたの
だから 嬉しかった
そのあとは たまに絵の描きかたを
教わったんだ
ただ 見てくれるだけだけど
それで褒めてくれたの

向こうに引っ越して パパがたまに
呼んだりした
呼ぶ時は必ず何処かに行って絵を描いて
持ってくるように指示して
あまり外に出ない私に
色んな絵を見せてくれたの

中に入れば
あった事はないけど
見た事のある人
うーたんがずっと好きな人
絵で見た事があるから
妻ですって言ったから
きっと やっと気持ちを伝えたんだね

「ひぃ」

「これいいな」

「うん!」

響さんと見ていると一枚の絵…
気に入っちゃった
響さんも気に入ったのかな?

うーたんはまだまだ売れない画家さん
自分で個展などを開いて
購入してもらい生計を立てるか
違う仕事をしてるかのどちらかかな?
うーたんの絵は好きだけど
買うかはわからない
買っても飾らなければ
うーたんが可愛そうだもん
飾れる絵は買いたいなぁ

「これは じゃぁ買えるな?
あとで言おうな?」

「うん ひぃの会社に
ちょうどいいね」

「あぁ」

「ひぃ あとから あっちも」

「まずはこっちからな?」

「うん」

あとから 他の人のも
見たいなぁ
陶芸もあるみたいだから
彰君に修君と
お花を植えたりしたから
それを飾りたい
2人にも好きな様に飾らせたいから
いいのがあればいいけど
立派なのはいらないもんね
今日は 素敵な買い物ができそう
ガラス工芸もあるみたいだから
楽しみだなぁ
私は 気に入ったものなら
何でもいいから
今日は 楽しいなぁ

0
  • しおりをはさむ
  • 952
  • 1300
/ 802ページ
このページを編集する