天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

55 サプライズ /仁side

主役の2人はのんびりやってきては
さっさと帰って行った
俺も一緒に帰りたいが
無理だろうな…

「仁 ちょっと来い」

古谷さんに絵美里さんの親
オヤジに呼ばれ行く…
やだなぁ この3人は豪酒だ
相手したくない…

「何でしょう?」

とりあえず行くか…
俺が呼ばれ 姐さんたちに
博さん夫婦まで 来ちゃったよ…

「単刀直入に言う
見合いが持ち上がってる」

「…俺に?」

「あぁ」

俺に?何で?確かに家族の様に
育ってるけど 組には関係ない
繋がりも持てないだろ…

「なんで?」

「エリはな?行き先が無いんだ…
仁にどうかな?」

「エリちゃん?」

「あぁ 相手はエリだ」

「…何で?まだ若いでしょ」

最近 エリちゃんと仲良くなり
片思いの相手が居ると聞いた…だめだろ

「エリはな?一般家庭には
向かないだろ?
絵美里は神崎の姐さんだ
なかなかな…仁は両方関係無しで
行けるだろ?」

まぁ…確かに問題は無い
むしろ 嫁という存在を貰うのであれば
裏が分かるやつか
表でもちぃちゃんみたいに
拘らずについてくる人だと思ったけど

「エリちゃん 片思い…」

「片思いか…両思いに
なって欲しいんだけどな?
仁 どうだ?気は強いが
可愛い娘だぞ?」

「うん?…まって?片思いって…」

片思いを両思い?待って…
その言い方なら相手がおれってこと?

「仁君…姉の私が言うのもアレなんだけど
可愛い妹だから 言わしてもらえる?」

「うん」

「仁君 鈍感すぎるんじゃ無い?
エリは 予定開けたり
好きなもの調べて
一緒に食べに行ったりしないよ?
仁君が 誘わない時は
暇ならとか 謙虚に誘ってるよね?
まだ 分かんないかな?」

「…」

確かに最近は向こうから誘われる
おれの好きそうな和食の店など
調べて来てくるし…

「仁君…そろそろ気が付いて
あげようよ…
仁君が 清楚な服装好むから
エリも…あとは 朝も起こそうと」

「マジで…そうなの?
いや…でもさぁ…」

確かにそうかも…
朝は必ずメールくるし
送ったらすぐに返事が…
服装も高校卒業したから
変わったのかと思ったけど

「仁 惚れさせたんだ
責任取れ」

「いやいや…
ダメでしょ
確かにいい子だけどさ
ちぃちゃん居るんだけど」

「…ちぃちゃんとも上手くやれる」

「だからだよ
だからダメだろ…これから先
ちぃちゃんの為にとか
エリちゃんがかわいそうじゃない?」

ちぃちゃんとも上手くやる
だから尚更…
おれとこの先付き合い
夫婦になるとしても
ちぃちゃんのためと思う…
そんなのダメだろ…

「仁 気持ちがないなら
それが理由でもいい
あるなら 違うと思わせてやってやれ」

「…ないよ…
初めから その気持ちはない
確かに楽だけどさ
それとこれとは…」

付き合いたいとか思った事はない
初めから知り合いとしか思った事はない
それを?無理だろ…
例えそれでいいと言われても
答えるつもりはない

「仁 頼むよ
可愛い娘なんだ
一緒に居ればきっと」

「…それって今だけですよ?
この先 おれの気持ちが向かない
辛くなるだけでしょ」

0
  • しおりをはさむ
  • 934
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する