天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

55 サプライズ /智沙side

智沙side

今日は 可愛い彰君も修君の
一歳の誕生日!
この間から ついに歩く様になり
今日は 一升餅?ってのを
おんぶして歩くの

「修君のね?彰君もね?」

「「あぃ 」」

2人にお餅を入れるリュックを
背負わして 歩かせるんだけど
大丈夫かなあ?
男の子だから 足がしっかりしてるのか
あまり転ばない
2人仲良く お揃いのリュックを
背負い 可愛いなぁ

「ちさ おいで」

「うん!」

響さんのところに行き
お膝に座る

「彰 修 」

「「あぃ」」

2人を呼んだ響さん
2人はトコトコと…
お餅が重たいのか
いつもよりゆっくりだ…
可愛いなぁ

「上手だよ」

「「あぃっ!」」

2人はこっちに来る
本当 上手だなぁ
この間まで 歩いては
座るを繰り返してたのに
成長は早いね

「頑張ったね」ギュッ

「「あぃ」」

2人が到着したから
ギュウして迎える

「よし 流石だ
じゃあ つぎは2人の好きな
ケーキ作りだ」

ケーキって言っても
ご飯で作るライスケーキ
それぞれ 自分で作る
最近は 自分でやりたいのか
サンドウィッチも自分達で
作る様になった
小さなパンに
小さな野菜を乗せて食べるの
まだ硬いのは茹でてあげるけど

「テーチ」

「テーチ」

ケーキね?おしゃべり好きな二人
まだまだ わからない言葉もあるけど
それも可愛い

「あぁ ケーキな?
ちさと俺のも作るんだろ?
待ってるからな?」

「「あぃっ!」」

二人はヨチヨチとリビングのテーブルへ

「はい 手を洗いましょうね?
彰君はななが 修君は霞が担当よ?」

「「あぃっ!ちく」」

ちくは よろしくらしい
二人は ななちゃんと霞さんに
抱っこされて 手を洗いに行った
作る前は 何処も触らない様に言われて
従える様にまで 成長したの

「楽しみだね」

「あぁ」

二人に作って貰えるお昼ご飯
お昼を食べたら
二人の好きな公園に行く

「今日は 手を繋いで歩くんだよ?
楽しみ」

「ビデオもあるから
ちゃんと撮ってやる」

「うん」

「ちさ?そろそろ また
子ども作ろうな?」

「…まだいいかなぁ」

子ども…まだいいからな…
だって赤ちゃん作るの難しいもん

「ちさ?約束だろ」

「…ちぃ あれ嫌い」

「ちさ そろそろ慣れろよ」

「ちぃは 嫌いだもん
ひぃと愛の確かめ合いだけでいいの」


0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する