天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

18 紹介 /龍樹side

龍樹side

俺の目の前には朝から PCに被り付き
目尻を下げている様にしか見えない男が
実際には目尻は下がってはないが
いや?さがってるか?
いつもと違う顔だからな
他の人間からしたら
下がってないが こいつからしたら
下がってるか

「何見てんの?」

とりあえず聞いてみる
気になるからな

「ちさだ。ちさの写真を
手に入れた。って言っても
俺が昨日撮ったんだ。
可愛すぎて どうしようもない
何でこんなに可愛いんだ?
俺をこれ以上魅了させて
どうするつもりなんだ?」

真顔で言われても…。

「悪い。ちぃは 産まれた時から
すでに可愛かったんだ
ちぃが 悪いわけじゃないんだ
あんなに可愛すぎるちぃには
罪はないんだ。」

「当たり前だろ?
ちさは 何も悪くない。
可愛すぎるが ちさは悪くないんだ
こんなに 可愛すぎるのは
他のゴミが汚すぎるから悪いんだ
もう少し ちさのように
可愛ければ…。
だめだ。ちさが可愛すぎて
ゴミが頑張った所で ちさは
さらに上を行く可愛さになるな」

「………。はいはい。
終了〜‼︎ ちぃちゃんが
可愛すぎるのは 神様が
ちぃちゃんばっかり可愛くしすぎた
って 事で 終了〜!」

ちぃの可愛さに付いて
キョウと話していたが
仁が割り込み終わらせた。
そうか。
ちぃに 可愛さを与えすぎた神が
悪いんだな。納得だ

「あ゛っ?その神って奴は俺のちさに
気があんのか?
俺のちさだ。勝手に何でもかんでも
やるんじゃねぇぞ」

「………。うん。キョウ?
神様ね?神様。」

「誰だそれ?
そいつに頼めば 可愛さくれんのか?
ゴミに教えてやれ。
おいっ!竜馬 犬に教えてやれ
神ってやつに言えば 可愛くなれんぞ?」

キョウ。神とか 信じないのか。
運も実力とか言うからな。
って 絢香ちゃんに 失礼だから

「キョウ テメェ 絢香が
ブスだと言ってんのか?
絢香は可愛いだろうが。」

「はっ?犬が?
仁 眼科紹介してやれ」

「テメェ ふざけてんじゃねぇぞ?
ゴミと一緒にすんなや」

「竜馬いくら 犬の彼氏だろうと
ゴミと同じにすんなや。
可哀想だろうが犬が」

「はあ?テメェが言ったんだろうが
絢香は可愛くねぇって」

「ゴミよりはマシだろ?
ちさに比べたら 可哀想だろ
竜馬 いくら犬が好きでも
現実を知る必要はある
ちさには勝てない。
神にお願いすれば 足元ぐらいは」

「キョウ 絢香は かわいい。
俺には世界一かわいいんだ
馬鹿にすんなや」

「してねぇ。ちさが 言っていた
犬は綺麗だと。
すっごく綺麗な子だと思ったと言った
いいか?竜馬
犬は可愛くない綺麗な子なんだぞ?
ちさが言ったから それが正解だ
俺には どこがかわかんねぇけどな」

「綺麗?」

「あぁ。ちさがそう言っていた
俺から見たら ちさの方が
綺麗な目だし 肌も綺麗だ
声だってちさの声の方が綺麗だ
だが ちさがそう言ったからな
俺には理解できないが
竜馬は そう思ってやれ」

「ありがとうと ちぃちゃんに
伝えといてくれ。」

「伝えるまでもねぇ。
ちさがそう言うのならば
それが常識だ。
当たり前の事を言って
お礼を言うのはおかしい。
狸女や妹も綺麗らしい。
ちさは 心が綺麗で目も綺麗だ
きっと目に映る全てが
綺麗に見えているんだな」

キョウの絢香ちゃん綺麗発言に
竜馬照れる。
竜馬って 絢香ちゃん大好きだからな

「もう どうでもいいから。
キョウ お迎え何時?」

仁が呆れて 話を変えた

「迎えはいらないと言われた。
チームを配置しろ。
あと9部外をemperorに移動
ちさにつく奴は emperorで雇え。」

「はっ?雇うのは問題ないけど
9部外を移動?」

0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する