天使を溺愛(誤字訂正の更新すみません)

18 紹介 /龍樹side

龍樹side

クラブで 面子を集めて ちぃの事を伝えた
そのあと 二階で 絢香ちゃんの報告
どうやら ちぃの無知と無自覚は
手に負えないレベルに達しているようだ

学校に行き
キョウの事をみんなに伝えた。
引っ越して来たばかりのちぃは
キョウの事はあまり知らない
紹介するとか言って クラスメートを
青くさせたようだが 気がつかない
他の子が綺麗だから
取られたくないとの発言に
クラスメート達は
命が惜しいと発した様だが
それについては 一緒に心中か
振られて自殺と思った様だ。
本当の意味は 無駄にキョウに近づいて
命の危機に晒されたくない。
親の会社を潰されたくない。
そんな意味なのに。

挙句 綺麗な大人の女の子になると
服装を変えるつもりになったらしい
それにはクラスメートが止めに入ったが
似合わないのかなぁと
無自覚ぶりを発揮
似合うに決まってる
確かに可愛い系だが
なんでも似合う容姿だ。
1番似合うのが 可愛い物なだけだ。

その後は クータンは卒業しなきゃ
大人の女の子になれないかな?
コーヒー飲まなきゃダメかな?
バイトとかしたらいいのかな?
夜は1人でも寝れるから
大丈夫だよね?
ご飯も作れる様になったから
大人の女の子だよね?
真っ暗な所は 嫌いだけど
泣かないからね!とか
お外にも 1人で行けるし
お買い物だって。とか言って
ちぃの謎の大人の女の子基準を
必死に言っていたらしい。

クラスメートは 初めは
驚いたが あまりの謎の基準に
最後は 凄いよ!大人だよ!
他は?他は?と
小さい子の成長を楽しみな
おばさん化したみたいだ

それを 絢香ちゃんから 聞いたキョウは
ちさ可愛すぎる上に頑張り屋さんだ
おれが守ってやらなければ。と
俺と同じ事を思った様だ
周りの3人は呆れていた。

そんな中突然 ちぃが来て
謎の酷い子だもん発言。
俺や父さん達より キョウがいいって
複雑だ。

俺や父さん達は 家族だ。
家族は離れていても 大事な家族
いつか離れるのも家族。
それは成長した証拠。
可愛い子どもから 大人に。
恋に落ち 新たに家族を作ったり
やりたい事を見つけ その為に
親元を離れたり。
どんな事でも 成長して離れる。
決して捨てるとかではなく
自分の幸せの為に 歩き出すんだ
それをちぃは わかってない様だ
必ず家族は一緒と思っているのか?
でもまぁ複雑だ。昔はにぃに。にぃにと
俺の所にヨチヨチやって来たのにな

「龍樹さんたちの事がすきだけど
キョウさんと暮したいと思っちゃう事が
酷い子になったんだと 泣きそうになって
慰めたんですが 聞こえてないみたいで」

「エリちゃん 龍樹に擦りつけたわけか」

「すみません。泣かれたら
困るんで。龍樹さんなら お兄さんだし
大丈夫かと。」

エリちゃんに嫌な役を押し付けられた
酷いよこの子。ちぃより 酷い子いたよ

「やめてくれ。あの状態は
どうしようもないから。
とりあえず クータンの絵本で
気分を変えさせるか
泣かれて疲れて寝るかしかない。
言い聞かせるのは無理だ。
聞いてないからな」

「怒れば?聞けって。」

「竜馬が怒れば?
俺無理。だって 凹ました相手が
悪りぃだろ?
ちぃは いい子なんだ。
だから ちょっとした事を
間違えた相手が悪いのに
何でちぃを怒る?」

いい方 話し方を間違えた相手が悪いのに
何故ちぃを怒るんだ?意味がわからない

「………。それまじで ちぃちゃんの
為にならないんじゃないのか?
理不尽な世の中だぞ?
ちぃちゃんの身内が教えてやるのも
優しさだろ?」

「ちぃは 早川の子だ。
理不尽な世界の中には居ない。
理不尽な世界のトップに立つ。
そんな事知らなくていいだろ?
早川以上の キョウの女だぞ?
何でそんな事知る必要がある?」

竜馬なに言ってんだか。
ちぃは 汚い世の中知る必要はない。
キョウの女になった今
何でも 許されるだろう。


0
  • しおりをはさむ
  • 933
  • 1291
/ 802ページ
このページを編集する